aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[自作] 部品を組むだけの自作プロレイザー -AQA.Shaver-

壁面のコケってのは、安定した環境でも生えてくる厄介なやつらです。

そんな、壁面コケに対する最強兵器だと、よく耳にするのが
ADAの「プロレイザー」なのですケド―― なにぶん高いです、さすがADA。

自作プロレイザーは、他にも記事がありますが、
溶接や、ステンレス板の加工は、正直 "素人には無理" な部分が多いです (´ω ` ; )

なので 部品を組むだけ でほぼ完成するものを、私なりに作ってみることに。



完成・全体2


一部を除いて、殆どがネジ止めで構成されています。

また、他の工程も、それなりに簡単にできるように作ってみました。




【用意するもの】

T字ステー パイプ固定具 カミソリ


■メインパーツ-
・T字ステー x2 (穴の位置がカミソリとパイプ固定具に合えば代用可)
・パイプ固定具 (配管などを固定するもの、園芸ホースor電気資材コーナーに有り)
・カミソリ (フェザーカミソリの両刃タイプ、両端の穴が大切)

■サブパーツ-
・ステンレスパイプ (持ち手になる、太さは固定具に合わせる)
・3mmx6mmのステンネジ x6
・ステンレスナット & スペーサー x6

■加工道具-
・パイプカッター (ステンパイプ切断用)
・ビニールテープ (パイプの隙間埋め用)
・ハサミorカッター
・ドライバー
・自作魂

殆どが、ちょっと大きめのホームセンターなら置いてあるものです。
T字ステーが今回のカギなので……というのも。

T字ステー・カミソリ・パイプ固定具の穴の位置が全く一緒なんです。

まぁ、汎用品なので大体の店にはあるはずです、頑張ってください!!
あ、魂はもう……気合で。


なお、この器具は刃物を使っており、それなりに危険な作業を伴います。
器具や作業などにおいての怪我や事故に関して、当ブログは責任を持ちません。



でわ (*´ω`*) 作りましょー




【Step.1】

まず、T字ステーの一枚をプロレイザー的な角度に曲げます。

ヘッド部

分度器がないので、正確な角度は分かりませんでしたが、
ネットで見つけた資料画像から、できるだけ同じ角度にしてみました。

サイドからの完成画像を最後の方に載せるので、それを参考にして下さい。


【Step.2】

次に、もう一枚のT字ステーを、ネジとナット、スペーサーで固定。

ヘッド合体

このとき、出来るだけ直線になるように調整しておいて下さい。
パイプや刃の固定時もそうなのですが、使い心地に差が出てきます。


【Step.3】

ステンパイプを任意の長さにカットし、ビニールテープを巻く。

アーム

このパイプがアーム(持ち手)になるので、使い勝手のいい長さにカットして下さい。
私はハイタイプの60水槽にも対応できるよう、45cmに切ってあります、いい感じです。

ビニールテープは後述のパイプ固定具に合わせて、厚みを変えるといいでしょう。
大体の場合は、二周させる程度でいいはずです。

また、こういう時はパイプカッターがあるとものすごく楽です。

ステンパイプが使えると、水槽内の配管だけでなく、
今回のように支柱や、取っ手に使うなど良質な部材として使えるので幅が広がります。

また、パイプカッター自体も小型で安いものは800円程度であり、
金ノコで切るより安全なので非っ常におすすめです。


【Step.4】

ヘッドに持ち手を取り付ける。

アーム取り付け

先程つくった持ち手を、パイプ固定具を使ってヘッドに固定します。
この時にパイプの固定がゆるい場合は、ビニールテープを更さらに巻いて下さい。

それらしい形になってきました。


【Step.5】

カミソリを脱脂後、片刃に加工してヘッドに取り付ける。

完成・正面

ここが、というかこのカミソリがメインであり、最も重要な部分です。

カミソリの刃と保護紙の間に油が使われています、まずはそれを拭きとって下さい。
そして、両刃のままでは危ない上に、曲げたヘッドに干渉してしまいます。


なので、片刃を取り除きましょう。


このフェザーカミソリの刃は、名前の通り薄いのでハサミで切ることが出来ます。
しかし、その際は念のために定規を当て、カッター等でケガキ線を入れておきましょう。

写真を参考に、くぼみの端の部分から切断すると、T字ステーにぴったり合います。

後は、刃に触れないよう気をつけながら、ヘッドに取り付けるだけです。

完成・裏側

この際、裏側にスペーサーをつけるのを忘れないで下さい。
カミソリ側の穴が大きく複雑な形なので、ナットがすり抜けるのを防止するためです。


後は、パイプと刃の位置を直線になるように調整して、完成です!! 


完成・全体2

完成・横


どうでしたか?
特殊な工程は殆どないので、材料さえ揃えば作れるはずです。

メカっぽくて私はこういうの好きなんですけど、
あまりに仕組みもデザインもお粗末で、プロレイザーです!というのも腰が引けるので。

カミソリの刃を使ってる事もあり、家では「アクアシェーバー」と呼んでます。


実際の使用感としては、本物のプロレイザーを使った事がないのでアレなんですケド――


未体験の気持ちよさです。


三角定規は、そのエッジでコケを削り落とすわけですが。
なにぶん、力を入れて絶妙の角度でないと、落ちてくれないんですよね。

その分、このアクアシェーバーはフェザーカミソリの恩恵が働きまくります。

薄くて柔らかくい刃が、まさに羽のようにしなるんです。
フィルムでガラス面を撫でる感じとでもいいましょうか、とにかく気持ちいい!!


しかも、刃が曲がる事で、的確な角度に自動修正してくれるので……


押し当てて、なでるだけで、コケが無くなっていく爽快感。


あの、スポット状のコケですら一撫です、すごいぞフェザー。
さらに、無理な力がかからないので、ガラスを痛めることはありません。

たぶん、ガラスが傷つく前に刃が曲がります、それくらい薄いんです。

また、刃も含めオールステンレスなので、錆びません!

あとは、持ち手を長くすることで、手を水で濡らさずに済むようになりました。
元々この為に作ったのですが、手が濡れないだけで気持ちが楽になりますね。


今では、爽快感も手伝って――


コケが生えるのを楽しみにしてるぐらい  (*´ノω`)ヌフフ


そんなこんなで、この「アクアシェーバー」
有用な上に簡単に作れるので、是非、試しに作って見てくださいっ!

ホント、異次元の気持ちよさですよ(*´ω`*)

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

コメント

No title

お、おお~^^これは凄い!
そうなんですよね~プロじゃないと無理なレベルのものが多くて。
レイさん考えましたね~wこれなら材料さえ揃えば組み立てはラクラクですね^^

No title

>>hill-misさん
コメントどうもです><

そうそう、結構敷居が高めに感じたんですよ~
でも、この辺ってパズルと一緒で組み合わせでなんとかなるんですよね。

これで、自作プロレイザーの敷居が下がると嬉しいです(*´ω`*)
ホント、道具としてはいいものなので!

No title

はじめまして!
自作プロレイザーいいですねー!すばらしいです(>_<)
うちは三角定規でコケ取りしてましたが、参考にさせてもらいますね

No title

>>ウルトラゾーンさん
おおっ!はじめまして!!

どうしてもプロレイザーを使ってみたくなりまして><;
簡単に作れるはずなので、是非工夫したりしてみてください!

No title

初めまして、ごめすと申します。

「プロレイザー 自作」でググったところ、貴ブログがヒットしまして、是非ともこのプロレイザーを真似させてください。

拙ブログで紹介させてください。


No title

初めまして!

コメントのお返しが遅くなってしまいました、ごめんなさい><
安く、簡単に、みんなに!それが当ブログのポリシーです、情報の拡散はとても有難いです。

ぜひ、こちらからもお願いします!

No title

ありがとうございます。

自作プロレイザー大活躍です!!
安く作れてとても便利です。
ホースも繋げられるとはすごいです。

リンク張らせてもらってもいいでしょうか。
よろしくお願いいたします。

No title

>>ごめすさん
おお、役に立ててもらえて嬉しいですよ!
安くて簡単、これって大事ですよね~><
ホースもぜひつかってみてください。

あ、リンク大歓迎ですよ!
こちらからも貼らせていただきます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。