aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[生体図鑑]ラスボラ エスペイ

■ ラスボラ エスペイ

エスペイ


学名 : Trigonostigma espei [Meinken,1967]
分類 : コイ科 ダニオ亜科 トリゴノスティグマ属
体長 : 3-4cm
水質 : 20-28℃ 弱酸性-弱アルカリ性 / [limit] 20-30℃ PH:6.0-7.5
分布 : タイ / マレーシア / インドネシア
性格 : 協調性有・混泳可
特徴 : 美しいオレンジの体色 / 非常に丈夫


 赤みを帯びた鮮やかなオレンジ色の体色と、細い藍色のバチ模様が特徴的な魚。

 弱酸性の水質ではその色の深みが増していく為に、水草の緑と相性がよく、
 また、コイ科特有の丈夫さを持つので、パイロットフィッシュとしても人気が高い。

 勿論、一般鑑賞魚としてもかなりの需要があり、ヘテロモルファより流通量が増えつつある。

 ちなみに、ヘテロモルファの亜種とされている時期もあった。

 両種の違いは、広いバチ模様と、赤銅色の体色を持つヘテロモルファに対し。
 エスペイはバチ模様が狭く、強いオレンジ色の体色と、細い体形を持つ事が挙げられる。
 
 なお、採集現地では、水草の茂った沼や池に生息している。 


---

 【アクアリウム初心者にこそ 飼って欲しい魚】

 あくまで、個人的な意見なんですが。
 このエスペイは、アクア初心者の方に物凄くお勧めしたい魚なんですよ。
 私がそうだったんですが。
 
 初めてアクア始める人の選ぶ生体に、ネオンテトラ系が多いんです。
 理由は、ネオン系って安くてキレイだし―― なにより。

 お店のPOPに 「初心者向け!!」 って書かれてるから、なんですよね。

 でも、ネオンテトラ系って、ホントは結構難しい魚だったりするんです。
 正直、それで大量のネオンテトラを落として、辞めちゃう人もいるようです。

 それは、お店側の管理は勿論、飼育者の知識が不足している事も挙げられますが、
 アクアリウムの世界を諦めてしまうには、少々不条理な出来事だと思います。


 アクアリウムがどんなものか理解するのに、

 いきなりネオン系は少し、レベルが高いのではないのでしょうか。



 ネオン系自体は、それなりに丈夫な魚なのですが。
 幾分お店での販売サイクル早く、まともなトリートメントができてないことが多いこともあり。

 水槽の立ち上げ時に導入するには、耐えられない固体が多いと思われます。

 なので、私はこの「ラスボラ エスペイ」をお勧めしたいのです。
 これは、この魚がただただ丈夫で、練習に使いやすい、というわけではなく。

 温和な性格は混泳に向き、良く慣れ、環境を整えるごとに色は鮮やかになり、 
 スキルによっては、繁殖で世代を重ねることもできるという――

 飼育者の成長と共に、その深みを見せてくれる魚だからです。

 群れを成したエスペイと水草の対比は美しく、
 綺麗な魚を飼いたい!!という方も満たされるのではないでしょうか。

 ちなみに、ネオン系の魚は私も大好きです、
 大型水槽に、数十匹のグリーンネオンを泳がせたい願望もあります(笑)
 
 しかし、その前に十分なスキルを身につける必要があると思うのです。

 彼らは飼い主を選べません。
 でも、私達は自らの腕を上げ、またそれを助けてくれる存在を選ぶことが、できるのです。

 


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
 

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

こんにちは。

ブログ読ませて頂いて、
>初めてアクア始める人の選ぶ生体に、ネオンテトラ系が多いんです。
自分も、そうでした。
どのネットで調べても、簡単としか書いてなくて...。
自分は、グリーンネオンでしたけど、いざ飼ってみると結構難しいですよね。
今はなんとか安定してくれてますけど、最初は食い意地はっているし、水草は噛むし、床は汚すし、どうなっちゃうのかと思いました。
他の魚に対しても、決して友好的じゃないし...。
でも、今考えてみると、すべてこちらの知識不足で、グリーンネオンがストレスを感じているだけみたいでした。
そのままにしたら、今頃すべて×に、なっていたと思います。
その後、濾過器を少しでも良いの使ったり、水草増やしたりして、やっとおとなしくなりました。
(今は、のんびり水槽の中を泳いでいます。)

ラスボラ エスペイ きれいですね!
次は、ぜひ飼育してみたいです。
その前に魚の為に、自分のスキルを、もっと上げないといけませんね。
有り難うございます。参考になりました。(^o^)/

では。

No title

ラスボラ飼い込むとキレイだって言いますよね。
なぜか今まで飼ったことがありません…
ネオンが意外にデリケートだというのは同意です。
グリーンネオンなんかは特に。

No title

>>SIMBA & Cobeさん
やっぱり、最初にネオンテトラを選ぶ人は多いですよね、
それ自体が悪いことではないんですよねぇ、ただ、勘違いというか。

初めての人が思ってるアクアの印象と、経験者の印象ってだいぶ違うと思うんですよ。

きっと、初めての人は水槽にコケ一つないのに全く疑問をもたないはずなんです、
でも、実際はコケなんて戦争が起きるほど発生しますしね、コケのない水槽を見ると私は感心しますしw

その違いを知っていくことが、大事なんです。
そんな感じで、自分がこの水槽の中で、なにをやろうとしているのか、それがわかってくれば、しめたものですよね。

そう考えると、SIMBA & Cobeさんは順調に進んでるようで何よりです(*´ω`*)

>>車輪のホイールさん
うちのがそうなんですが、ものすんごい蛍光オレンジになっていきますw
水草に合いますよ~(*´ω`*)

私もグリーンネオンは、体形も小柄なのが多いせいか、
結構、華奢な印象をもっています。

実際、けっこう脆くて泣きました(´・ω・`)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。