aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[基礎記録]試薬の重要性

 
初心者の人に、とてもお勧めしたい道具があります。


その一つが、水質測定試薬。




試薬ズ


試薬というと、なんか難しそうで高いし、マニア向けっぽいから要らないや。
と、感じるひともいると思います、むしろ私もそうでした。


でも、実は。

よくわかってない時期ほど、試薬は重要です。


確かに、丈夫な生体を飼育すれば、いつの間にか水が出来上がってるケースもあります。
それを繰り返すことで、少しずつ水の出来上がる感覚を養う事も、できます。

でも、その間に生体に与えられる負担を考えると、いささか非効率です。

経験が浅いころに感覚に頼ると、水が出来上がったと思い込み、
亜硝酸(毒)まみれの水槽に生体を入れてしまう事故も発生します。


そこで、水作りに自信のない時期にこそ、試薬を使ってほしいのです。





試薬には様々な種類がありますが、その中でも最低限必要なのは。

・NH : アンモニア(アンモニウム)の濃度
・NO2 : 亜硝酸の濃度

・PH : 酸性かアルカリ性か

この三種類があれば、とりあえず水作りのデータを取ることができます。
バクテリアの仕組みについては、別の記事があるので、それを参考にしてください。

なお、硝酸塩の試薬もありますが、水作りの際はあまり必要ありません。
水が出来上がると、亜硝酸の検出が急に消えるので、そこで判別できます。





あとは、水が出来上がるまでの期間、出来るだけ水質の変化を記録していきます。

こうやって、試薬を使って自分の定規を意識の中に作っておけば、
しっかりとした感覚を、早いうちに作ることができます。

だいたい3個も水槽をつくれば、早い人なら感覚がわかってくるはずです。

具体的には、水槽が白くにごってきたりする期間(ニトロソモナスの増殖)などから、
大体のバクテリアの発生率を、相対的に割り出すことが出来ます。

その感覚を、数値としてよりはっきりさせる為の、試薬なんです。

また、バクテリアの発生率は、環境(底床の性質や、周囲の大気も含む)によって変わります。
よって、ネットや書籍の情報とは、少しですが必ず誤差が生じると考えていいでしょう。

また、水槽内でなにかしらのトラブルがあった場合は、水質に大きな変化がある場合が多く、
その時にも、試薬の結果は一つの指標になり、誰かに質問する際の参考データにもなります。





三個も水槽つくらないよ、とか、2.3個水槽作れば試薬なくても分かるよ。
って人もいると思います、趣味ですし感覚は人それぞれなんで、もっともな意見です。


なので、あくまで "オススメ" です。


私自身は、心配性 & 感覚が鈍いほうなんで、未だに試薬のお世話になってます (´ω ` ; )
やっぱり、生物を扱っている以上、その存在を蔑ろにはできません。

ちなみに、テトラの試験紙は誤差が大きい、期限切れが激しいなどの話も聞きますし、
PHメーターの多くは校正が必要になったり、液体試薬も効果期限があったりします。


なので、試薬に頼りきるのではなく、自分の感覚も大事にしてください。


まあ、要はやっぱりバランスです (*´ω`*)



にほんブログ村 観賞魚ブログへ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

水槽再開したばっかりのころはテトラの試験紙で毎日測っていました。
感覚をハッキリした形で掴むのは大事ですよね。

最近は低pH環境を作るので、またpH試薬だけ使い始めていますが、改めて参考になりますね。

No title

水質のバランスを見極める為には重宝ですね。
私も不安になったときはリトマス紙的なもので確認していますが最近これがわからなくなってきました。
特にPHに関しては最低6.7だったかな、それ以下の場合の色が無いので見分けがつかない><
改めて試験管的なもので検査しようと考えています。
といっても月1.2回程度ですが・・・。
ラミノーズテトラをいれると水質管理が楽になるといっていましたが本当なのか?
なんかあやしい~

No title

うちだとテトラの試験紙で大きくはずれたことはないかなぁ。一応試薬も持ってはいるんですがw

目安をつかむためには試験紙で、細かくしるには試薬って感じですかね。アレの最大の問題はpH6.4以下が計れないことだっw

ヨコレス
ラミノーズで水質管理ってのは、ラミは頭の赤が水質で大きく色が変わるからだと思います。試薬代わりか!?w

No title

>>車輪のホイールさん
感覚が整ってない頃って、
傍から見ると無茶しがちなんですよね ^ ^;

ソイルで水草育成が楽になったとはいえ、
超低PHなどの、規格外な環境はなかなか難しいですよね。

そこが、楽しいところなんですけどね。

>>チューリップさん
ですね、水は見てるだけじゃわかりませんからね。
リトマス紙的なものといいますと……テトラの試験紙ですかね?

私は正直、あの試験紙は苦手です、殆どわかりません ^^;
まあ、生体の命に関わるものでもあるので、
自分でよくわからないものを使うよりは、確実にわかるものをつかって欲しい、ということです。

ああ、必要になるのは、水の毒性が強くなる立ち上げ時付近ですよ、
それ以外では、月1や不調時でかまわないと思います。

あと、ラミーノーズの話は・・・
AYAさんもおっしゃってますが、ラミーノーズは調子がいいと頭頂部が赤くなる魚です。
その生体の調子によって、その赤い部分は変化するんですが、勿論、調子が悪いと赤色が薄くなります。

たしかに、水質が体に影響を及ぼすので、逆に赤い部分で水質を計れるように思えますが、
そもそも、生体の調子が悪ければ、水質に問題がなくても赤色は薄くなります。

まあ、目安にはなりますけどね、って感じです。
生き物なんで、おすすめはできません(汗)

>>AYAさん
私、試験紙は全然わかんないんですよ~ (´・ω・`)

PH7.5でも、6.5っぽい色出るし。
色弱なんかなぁ(´ω ` ; )

でも、普通の人なら大体の感じはわかると思います。
うん、細かく知るなら試薬、ですね。

ヨコレストンクス(*´ω`*)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。