aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[基礎記録]我が家のコケ対策

 
出さない 増やさない 持ち込まない


私のコケ対策は、大雑把にいってこんな感じです。

水草をやる上で、一度は悩まされるであろうコケ。
その対策を軽く紹介します。





■出さない 原因を根源からシャットアウト

コケだコケだと言ってますが、
人間が有害だと決め付けているだけで、所詮は植物です。

コケは繁殖力が強いので、水草の成長率を超えた場合、爆殖します。
それまでは、発生はしているのですが、水草の活力に抑えられているのです。

活力 (肥料・CO2の吸収率など) が水草より上回るとコケが繁殖。

主に、肥料分が水草の吸収量を超えているケースが多いです。
よって、コケに成長要因を与えないよう、肥料分の管理が必要になります。

水中に必要以上の肥料分を存在させない。

これが、肥料管理の鉄則になります。


【 肥料分管理 - カリウムの底床添加 】 ----------

 肥料は 「窒素・リン酸・カリウム」 の三種が存在します。

その中で、窒素は窒素化合物からバクテリアによって生成
リン酸は餌の中に含まれ、カリウムのみが不足する、というのが定説です。

なので、私は

カリウム分のみを底床に打ち込んでいます。

底床に添加することでフタがされ、
水草はダイレクトにカリウム分を摂取することができます。

コケは、窒素とリン酸はあってもカリウムがないので成長できません。

逆に、液肥を水中にばらまくのは、
コケに栄養を与えているようなもの…… なのかもしれません。

上記と似た状況ですが、底床添加でフタがされても、多少はカリウムが滲み出てきます。
しかし少量なので、モスやミクロソリウム等の活着系の水草があると吸収してくれます。

カリウム添加にはイニシャルスティックを、ピンセットで埋め込んでいるのですが、
即効性を重視する時は、自作のカリウム溶液を注射器で打ち込んでいます。

注射器はダイソーで手に入るので、何個かあると便利ですよ。 (*´ω`*)


【 肥料分管理 - 生体と水草のバランス 】 ----------

カリウム管理はこれで大丈夫です、
しかし、窒素とリン酸の生成率は水槽内の生体に左右されます。

生体が多ければ、餌と排泄物が多くなり、窒素・リン酸過多に、
水草が多ければ、すぐに肥料不足に陥ります、なので――

どの生体がどのくらい水を汚すのか、どの水草がどのくらい肥料食いなのか、

この二つを把握しておく必要があります。


【 肥料分管理 - 窒素化合物の罠 】 ----------

実はソイルにも窒素が存在します。
どこかで "ソイルは初期にアンモニアが検出される" という話を聞いたことがあると思います。

これは、ソイルの特性上、その成分に窒素化合物が含まれている為で、
特に黒いソイルには、詳しい理由は忘れましたが、窒素が多量に含まれているそうです。

商品の多くにはこれを "水草の肥料配合" と称しているものもあり、
実際、ソイルは土壌そのものなので、様々な有機物が含まれているのですが、


ソイルを使うと楽だから、という気持ちで使うと、セット初期にコケ地獄を見ます。



水草レイアウターが水槽を立ち上げると "コケとの戦いが始まる" とよく口にするのは、
恐らく、この有機物のせいではないだろうか、と思えてなりません (´・ω・`)


それに、この有機物は測定しづらい為、肥料管理も難しくなります。


なので、私は大磯やセラミックなどのオーソドックスな底床を使ってきたのですが、
最近知った所では、有機物の少ないソイルもあるそうです。


余談ですが。
こういった有機物が測定しづらいのは、アクアリストにとって大きな不確定要素です。

ADAのネイチャーアクアリウムが、ADA商品で構成されてないと認められない、というのは、
統一することで、不確定な部分を管理しやすくする、という目的もあるのかもしれません。

だとしたら、初心者にとっては物凄く革新的なことなのですが、
そのやり口や、全部揃えた価格を想像すると、素直に感動はできません (´ω ` ; )





■増やさない 捨てる勇気

コケを増やさないということは、コケの進行を食い止めることでもあります。

なので、上記の肥料管理も対策としては有効なのですが、
ここでは、水草に生えてしまった場合の、もっと直接的な方法を紹介します。


コケの生えた部分を捨てます。


茶ゴケなどの活着力の弱いコケなら、ある程度は人力で駆除できますが、
憎きヒゲコケなどは根っこが残っているかぎり――

いくらでも復活します

なので、それらしきコケを発見したら、その部位をカットしています。
早期に発見するほどダメージは少ないので、日ごろの観察が大切です。

また、コケの根が残っているか、検討がつかなくなってしまった草は捨ててしまいます。

なので、購入時に別の水槽へ、ストックとして同じ水草を保管・育成しておくと、
再び同じ草を使えると同時に、水質が合わなかった場合に対処できます。

また、流木・岩石については煮沸を、
器具に対しては、メラミンスポンジや漂白剤を使用しています。





■持ち込まない 水草とショップの選別

最後に、当たり前ですが、コケを持ち込まないことです。
その為には、購入した水草を剪定する際に、同時にコケのチェックもしておきましょう。


コケは、水中でないと確認しづらい事が多いので、


水草の乾燥防止も兼ねて、水を入れたタッパーに漬けて確認するといいでしょう。


そして、なにより、水草の手入れが行き届いているショップで購入することです。
最初からコケコケな水草を使い、再びコケを駆除するのは、


新しい趣味か、労力の無駄でしかありません
。゚(゚つω`゚)゚。


最近はチャームさんなど、ネット通販により高品質な水草の入手先が増えました。
そういった手段を上手く使うことも、私のコケ対策の一環です。




まあ、いろいろ書きましたが 「出さない」 の項目を実践するだけで、

殆どの水槽で、コケとのバトルは無縁の物になっています。

特にメイン(コリ)水槽では、生体と水草のバランスが取れているのか、
換水なしで、草は増えるわ、魚はコリコリするわのバランスドアクア状態です。


環境を維持する上で、調和は基礎なのだと思います (*´ω`*)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

コケの管理とても参考になります。
コケに悩まされるうちとは大違いな管理に感心してしまいました。

ところで、セット初期のソイルからの有機物ですが、個人的にはA○Aのソイルが一番多いような気がします。
私もソイルセット時はすぐ、ほぼ100%の換水をして初期の余分な有機物を排除するようにしています。

No title

かなり勉強になります。
私も今回の原因は
1、活力 (肥料・CO2の吸収率など) が水草より上回るとコケが繁殖。
インディアンクラススラの子とを考えて少し多めに入れたのが間違いでした><
まだ被害も少なく対処は簡単でしたが今後はどうなるか・・・。
少しづつでもいいので消えていてほしいです。
換水で・・・。

No title

はい、無理!みたいなw

20代前半なのに、アクア暦15年以上なんていう古い人間なので、もう水はこまめに入れ替えるっていうのが頭にこびりついてて、水替え4日しないと不安に・・・!

ソイルのコケはもうしょうがないですね・・。うちの場合はもう見た目が好きって理由でソイルなので、他の選択肢があんまりないし。あきらめて付き合ってますw

No title

>>車輪のホイールさん
いやぁ~ 結局は肥料をギリギリまで与えないって事なんで、
ジリ貧っていえばジリ貧なんですけどね ^ ^;

お役に立ててよかったです(*´ω`*)

>A○Aソイル
あああ、そうなんですよ、私も思います(汗)

実際、ADAは肥料を大量添加して、
セット初期のコケが生える前に、ブーストをかけて水草を成長させてしまう方針かもしれません。

元肥にソイルに追肥、そしてあの水景の完成スピード。

全体のバランスを分かっていて成せる、職人技だと思うのですが……
それを、理解して実践してる人は少ないと思います。

にごりは、ソイルの有機物がら発生するので、水換えはとても有効です Σd(´ω ` )

>>チューリップさん
ワリと私見ですので、参考になれば幸いです(*´ω`*)

チラッとブログ拝見しましたが、バトってますね~ ^ ^;
肥料は入れてから減らすのが大変なので、少量ずつ入れていくと失敗が少なくなりますよ。

とりあえずは、換水で様子見ですね。

>>AYAさん
ををう、年季はいってますね~ Σ
少年アクアリストでしたか?

私もソイル好きなんですよ~、土っぽくて、土ですけどw
でも、一応書いておきましたが、レッドビー用など窒素分の少ないソイルも存在しますので、
(エビは水質変化に弱いですからね)
そういったソイルをつかえば、コケを抑制できますよ。

No title

x少年
o少女
でございますw うっひっひ(変な笑い

あ~。ビー用のを使うって手がありましたね。もう使い慣れてるプロジェクトソイルしか使ってないので、他のを使うっていう意識がなかった・・。しかも黒い奴ww 最近になってやっと明るい低床もありかなぁなんて思い始めたぐらいですから;

No title

アクア少女とな、また希少なww

うちもプロジェクトソイルですー、って言うか広瀬OEMです。
新しい記事で書きましたが、ビー用でプロジェクトソイルってのもありますよ~

まあ、プロジェクトソイル自体も有機物少ないですから、かなりグッドチョイスです。
まあ、昔はこのソイルしかなかったですしね。

黒ソイル万歳ですww
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。