aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[肥料の考察] 微粉ハイポネックス

 
微粉ハイポネックスは、アクア界でもそれなりに有名な肥料です。


最近、この肥料を手にいれたので紹介してみたいと思います。





微粉ハイポネックス


【微粉ハイポネックス】 [6.5-6-19] + 微量元素

米ハイポネックス社の水耕栽培向け肥料。
昔からある園芸用肥料ですが、実は日本ではエーハイムなどと同じく輸入品なのです。


肥料配分は 6.5-6-19 (窒素・燐酸・カリ)


処方は "水500ml + 本品5g" による100倍液を作り、
60cm水槽において3~10滴を添加。



これは一般的な水草水槽において、都合のいい肥料配分であり。
肥料分が空っぽの状態から、この配分で足しておけば水草が育つというもの。

微量元素が入ってることも重要です。

そして、ハイポネックス製品は他にも、ハイポネックス原液などがありますが、
この微粉とは、成分も肥料配分も違うものなので、注意してください。

ハイポネックス原液は液肥ですが、普通の園芸植物に使うものであり、
それに対して微粉ハイポネックスは、土壌を使わない水耕栽培用の肥料なのです。

土壌からは微量元素が供給されるのですが、水耕栽培にはそれがありません。
なので、この微粉ハイポネックスには微量元素が含まれています。


つまり、土もなにもない

水だけの状態で植物を育てるための肥料 というわけです。


園芸肥料としては比較的高価ですが、最も安い120g入りだと500円前後なので、
初めて使う人は、お試しも兼ねてそれを購入することをオススメします。

一番少ない120gタイプでも、上記処方だと24本分の100倍液が作れます。

お試しには十分な量だと思われます。






にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。