aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[セットアップ] メイン水槽のリセット

 
04月02日に立ち上げた、60cm標準のメイン水槽ですが。


あまりにも各水草の成長が悪かったため、リセットを行ないました。




メイン07-07



前回と同じく、セット時期を残します 「2010年07月17日」 です。


前回の立ち上げから、ほぼ3ヶ月目ですね。
完全な再セットアップではないので、底床やろ過システムの構成は変わっていません。

特に中~後景となるはずだった、グリーンロタラが萎縮してしまい、
新しく追加したCO2添加方法により、アンブリアが使用不可になったのがきっかけです。

---

■変更点

・CO2のインライン添加 (100%溶解)
・肥料の変更(微粉ハイポネックス)

・グリーンロタラから、ロタラsp(詳細不明)に変更
・パンタナル レッドピンネイトの追加
・エウステラリス ダッセンの追加
・ロタラ ヴェルデキラリスの追加

・パールグラスの追加
・ニューパールグラスの追加

・ミゾハコベ(自家採種)の追加

---

と、主な変更点は以上の通りなのですが――
正直これまでは、水草の育成に成功してるとは言えなかったのです。

しかし、今回のシステム追加から突然に、水草の育成が軌道に乗り始めました。

今回も、今までの水槽と同じく、変化の記録を残し、
更に、mini水槽でもリセットを行い、同じ方法で管理をしています。


その記録を「経過報告」にて紹介し、更に別の記事にて、

いままで私の中で確立できなかった、水草水槽の管理方法を記述する予定です。





にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[セットアップ] 60cmメイン水槽の立ち上げ

 
暫定メインだった、コリ水槽が割れてしまう事故を転機に。


お蔵入りだった60cmハイタイプ水槽を、メインとして復活させることにしました。




メイン水槽setup-全体


立ち上げの記録として、セット時期を残します 「2010年04月02日」 です。


ちょうど、水草ファームIIIを立ち上げた日から一ヶ月後ですね。


旧メイン水槽は、アマゾニアを使って立ち上げたのですが、
話によく聞く「白濁」が収まらず、またコケにも悩まされました。

なので、今回は――


メイン水槽setup-コントロソイル メイン水槽setup-流木完成02


黒系ソイルなのに、肥料分が適度で立ち上がりも早い。
吸着系なので、立ち上げ時の白濁がすぐに収まる。


コケが出にくく水草も育つ、夢のようなソイル

コントロソイル」を導入!!


旧アマゾニアのような使用感、と評判の高いこのソイルですが、
調べてみると結構な情報があります、概ね好評のようで……

肥料分少なめの黒ソイルの時点で、私的には買いなんですけどね。
しかも安いですし、粒が硬いのでリセット時期が伸ばせるそうです。


メイン水槽setup-吸水排水パイプ メイン水槽setup-流木完成01


また、元々この水槽は、ソイルを使ったコリ水槽のリセットを考えていました。
なので、このままソイルを使うならコリのために底面濾過を使うかなーと、

mini水槽でも使った、ステンパイプでの外部直結を仕込みました。

すっきりと、システマチックに配置出来ました。
いずれ排水側も、自作のメタルジェットパイプに変える予定です。


まぁ作れたら、の話ですが (*´ω`*)

なかなか情報がないんです、とくに肝心のメッシュとパイプの接着部分とか……


構成は今回、流木をメインにした完全な三角構図ですが。
コリ水槽リセットを思い立った時は、また別の構図を考えていました。

これ(上記右写真)が、構想当初で使おうと思っていた組み方と構図。
45cmでは収まりもよく、迫力があるのですが、60cmだとバランスが悪いですね。


メイン水槽setup-巻きつけ


なので、これまたお蔵入りになっていた枝流木を引っ張り出してきて、
それっぽく見えるように、組み合わせてみた次第です。

他の写真では倒れてしまってますが、中央の一番高い枝が水槽の高さと調和するはず。

あとは、木の肌地に低めのところはプレモスを、高いところにはウォーターフェザーを。
流木の手前の隙間にはアヌビアス・ナナ、奥にはミクロソリウムを植栽。


本当はもっと巻きつけたかったのですが、残り物しかなかったので…… 。゚(゚つω`゚)゚。


メイン水槽setup-完成


巻きつけ後は、後景にロタラナンセアンを40本、後~中景にグリーンロタラを30本、
中景にロタラ.spとアンブリアを20本ほどを、放射状に密植しました。


流木の根本にクリプトコリネ・ウェンティグリーンを植えて……

クリプト、順調に溶けてます(笑)

わかってはいますが、何か歯がゆいですね。


また、流木右側にあるナンセアンや、
中央のニューパールグラスは、mini水槽用のストックです。


ここにも今後なにかを植えて良く予定~

ちなみに流木に乗っかってる石は重しですよ。


後、植栽前の写真で気になったとおもうのですが、机の端が写っています。
これは、コリ水槽の時からそうだったのですが。

水槽台が横にあるにも関わらず、机より低いせいで邪魔になっていたんです。

それを解消するために、2x4のパイン材を使って10cmの底上げを行いました、
これで鑑賞・撮影ともに支障がなくなり、ストレスフリーです( ´ ω`)


また、ハイタイプ水槽なので、デスクスタンドを使った照明の強化もしました。

最大合計94Wの超出力です。


立ち上げから17日が経ちますが、コントロソイルと濾材流用のおかげか、
コケや亜硝酸地獄に襲われることもなく、順調に水槽が出来上がっていってます。


真面目に水草レイアウト水槽に取り組むのは、これが初めてなので、

このまま順調にいって欲しいです。
(*´ω`*)



にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

[セットアップ]水草ファームのリセット

 
実は、mini水槽とほぼ同時期に、水草ファームもリセットを開始してたんです。


主に肥料の与えすぎと、mini水槽と同じくエサの選択ミスでコケてしまいました。




ファームIIIセット初期


とりあえず、こんな感じです。


セット時期を記録として残します 「2010年03月02日」 です。


【前水槽の問題点】
------------------------------------------------------------


■ 植木鉢の下穴から、肥料が吸い出されていた恐れがある
 根腐れ防止に下穴の開いた鉢を使っていましたが、それが裏目に。
 下記の底面濾過で、吸い出されていた恐れがあります。

■ 底床を入れ替える度に、水質が不安定になる
 安定環境は経過1年からですが、底面濾過では底床交換の度にリセットされます。
 その為、環境が不安定になってしまい、コケが蔓延していたような気がします。

■照明が奥すぎて、端まで行き届いていない
 これは、初代ファームからなのですが、照明の位置の問題です。
 見た目優先で、端っこに設置した原因で照度にムラがありました。

■大磯を使っていながら、酸性に傾けられない
 使用底床が未酸処理大磯である上に、コケの問題からCO2が使用できず、
 水質を酸性にできなかったので、コケが活性化、悪循環する。

■コリドラスのヒゲが伸び、地面をほじくるスキルがUP
 ……掘らないで(´・ω・`)


【今回の改善策】 ------------------------------------------------------------

● 下穴の無いタイプの鉢を使用
 100均で見つけてきた、渋い磁器のコップを使う予定です。
 黒いタイプを使うことでコケ防止を期待します。

● 外部濾過を導入
 以前コリ水槽で使っていた、60cm用の外部濾過を導入。
 濾過能力UP共に、底床交換にも対応できるようになりました。

● 照明を中央に配置
 実は自作の特殊な台を使っているので、移動が手間だったのですが、
 今回のリセットを機に配置を変更、満遍なく光が行くようになりました。

● 底床を大磯から、ソイルに変更
 大磯が酸処理できていなかったので、しばらくソイルに戻します。
 今回はあるソイルでコケ対策をしてみます、黒いタイプです。
 
● コリドラスを小型化
 今までマスコットだった赤コリを、コリ水槽にリストラし。
 mini水槽でおなじみの、コリドラス・コチュイを導入。 こんにちわ。


---

水草ファームIIIはこんな感じです。
ううむ、大規模にシステムを変えたから、どうなることやら。

テーマは「手軽に管理・増殖・コレクションできる」なので、一応ポリシーは保たれています。


にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[セットアップ] mini水槽のリセット

 
 
 以前作ったmini水槽でしたが、色々な問題点からコケ地獄に見まわれました・・・ orz


 今回は、その原因を究明&克服しつつ、リセット作業を開始!!




mini水槽リセット


途中経過ですが、こんな風にラフにまとめました。

底床(レッドビーサンド)とろ過器(エデニックシェルト+底面濾過)のみ、持ち越しです。


【前水槽の問題点】 ------------------------------------------------------------

■給水用のステンパイプが、実はステン巻の鉄パイプだった。
 これにより、ボロボロに錆びたパイプの破片がホースとフィルターに混入、濾過能力低下。
 更に、鉄分過剰によりコケ地獄の要因となる(鉄分は経験上、根の強いコケを発生させやすい)

■レッドビーサンドのはずれロットを引いた
 広瀬ソイルの黒系は、ロットによりムラがあり (逆に茶系はムラがなく使い易い)
 はずれを引くと、有機物(今回のコケの原因)が多くPHが5近くまで下がってしまう。

■水位が下がりが早く、排水口が高かった為に底床と肥料がめくれ上がった
 勢いのついた飼育水が底床を直撃し、埋めてあった肥料やキューバパールを
 めくりあげるトラブルが多発、月に何度かは遭遇した。

■質の悪いエサにより、水質が急激に悪化
 棚の隅っこに残っていたエサが勿体無くて使ってみたところ、水カビまみれになり。
 コリ水槽でもアオコが蔓延し、両水槽で生体が瀕死に・・・!!

■照明が近すぎる&点灯管理できていなかった
 三灯式ライトの直下にあり、しかも点灯時間の管理を怠っていた為、
 バランスを崩し、繊細な草から少しづつ溶けていき、コケまみれになった。


【今回の改善策】 ------------------------------------------------------------


●ステン巻パイプを破棄、純粋なステンレスのパイプを確認して使用
 出水ホース付近にサビの兆候があったので、この件は早めに検討してました。
 ホームセンターでステンレス製のパイプを購入、同じサイズにカットし取り替え。

●長期使用にて有機物&PH低下機能の低減したレッドビーサンドを使用
 半年は使っているので、殆どソイルとしての機能は果たさなくなっているハズ。
 なので、ろ過バクテリアの心配もあり、継続して使うことに。

●排水パイプを延長し、下から吹き上げるように配置。
 コリ水槽でも採用した案なので、期待できます(砂の巻き上がり防止に効果大)。
 ただ、流木に干渉するのと、色を目立たなくさせたいので要検討です。

●変なエサは使わない!
 これは酷かった・・・コリ水槽が異臭とラン藻だらけになり、インペリアルタイガーや
 巨大白コリ、珍コリが落ちてしまいました……「変なエサは使わない」教訓です。

●照明のリフトアップ&タイマーの設置
 メンテナンス性や見栄えも兼ねて、リフトアップ器具を自作しました。
 タイマーを導入したことにより、点灯時間の管理も万全です。


---

とりあえず、今回はこんな感じです。

コケ、生えないといいなぁ・・・

 

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[セットアップ] 水草ファームのリセット

 
 日常ネタを挟まずに、ブログを更新していくのは難しいです。


 メインは記録系なので、そのへん助かってますが、気合は入れていきますよ~




新・水草水槽の全体



じつは、水草ファームが新しくなりました!!



といっても、水槽自体は8月27日に立ち上げていたんですけどね。
今日が28日なので、ちょーど1ヶ月経ったところでしょうか、水槽が立ち上がる頃です。

新規立ち上げに際して、水槽の大きさが30cmキューブから、
45cm規格水槽に変わっています、結構広くなりましたよ~( ´ ω`)

では、この1ヶ月で変化の大きかった草と水景を紹介します。



【ストロジン.sp】

ストロジン01 → ストロジン02

ストロジンは相変わらず成長が遅いですが、まあ、順調に増えています。
mini水槽へ株分けをしたので、だいぶ減ってますが、増えて欲しいですね~


【オーストラリアン ウォーター クローバー】

オークロ01 → オークロ02

オークロです、ものすごい増え様ですね(´ω ` ; )
左に映りこんでるのは南米ミゾハコベですが、お互いに鉢を侵食しあってます。


次は、活着系(通称モスゾーン)の比較です。




モス比較01


上の段は、すべてウィローモスです。

左から、密度が 「50% 20% 80%」 + 「80%のネット固定」 という風に並んでます。
どの密度が最も美しく密生するか、という実験です(*´ω`*)

その下は――

左が 「ウォーターフェザー」
右が 「ドワーフリシア」 になっています。


モス比較02


実験結果は――

写真では分かりづらいですが50%が一番バランスがいいように見えます、
ただ、1cmぐらいの厚みとムラがあるので、80%のほうは成長は遅いですが、均一さを感じます。


個人的には80%ですね。


ちなみに、一番左のネット固定は殆ど成長が見られず、プレモス(国産)の下敷きになりました。
どうやら、リシアサンドは名前の通り、リシアにしか使えないようです。


お次は、下段のウォーターフェザーと、ドワーフリシアですね。

この二つの変貌は凄いですよ。


特にドワーフリシアは、買ってから5日くらい遮光された袋の中に放置して、
シナッシナになっていたにも関わらずの、復活劇 Σ(´□ ` ; )

ウォーターフェザーも、潰したワカメみたいになっていたのに……
いまじゃフサフサです、すんごくウトゥクシィです。


でわ、最後にお約束の全体写真を。




中身02


お気づきになった方もいるでしょうが、今回から底床も変わっています。

実は、これソイルではなく大磯砂なんですよ。
大磯って色々な粒が混じってるものなんですが、この底床は黒い粒だけを抽出したものです。

黒い粒は溶け出すものが少ないので、普通の大磯より水質が安定しやすいのです。
さらに、オールつや消しブラックなので、水景も映えます。

もちろん、肥料分なんてものは配合されてません、
セルフサービスです、オールマニュアルです。


肥料管理スキルがあれば、コケ知らずで使いやすい事、この上ないですよ。


前々から、黒い粒だけ取り出して使いたいなーと思ってたんですけど、
正直、人力でそんな地味作業やってられません。

で、そんな都合のいい商品ないかなーと探していたところ


あったんですよ これが(*´ω`*)


ブラックホールという、某有名活性炭製品を同じ名前ですが、
こちらの底床は、超マイナー。

詳しいことは、次回のレビューに書きますので乞うご期待 ヽ(*´ ω`)ノ

---


にほんブログ村 観賞魚ブログへ


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。