aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[生体図鑑] バンブルビー オトシン

■ バンブルビー オトシン

バンブルビーオトシン


学名 : Parotocinclus.sp [発見者不詳]
分類 : ロリカリア科 ヒポプトポマ亜科 パロトシンクルス属
体長 : 2-3cm
水質 : 20-26℃ 弱酸性-弱アルカリ性 / [limit] 20-30℃ PH:5.0-7.5
分布 : 南米 (ペルー)
性格 : 協調性有・混泳可・臆病
特徴 : はっきりとしたバンド模様 / 体中に青白い斑点


 丸花蜂(Bumble.bee)模様の美しい、ロリカリア科最小の魚。

 タイガーオトシンに似ているが、体形の差異もさることながら、
 この種は模様がはっきりし、全体に青白い斑点がでる事から、全くの別種である。
 
 また、そのフォルムとサイズから、ピグミープレコとも呼ばれるが、
 この場合、上記二種を混同、または統合して呼称していると思われる。

 飼育は難度が高く、挫折を味わった飼育者も多い種としても有名。
 
 しかし、水質を原因としている説が多くみられるが、
 その環境等を省みるに、水質悪化や変化というよりは、単なる餓死であるという説もある。

 実際、この種は非常に臆病で、混泳魚がいる場合には、固形飼料へ寄り付かない。

 また、標準的なオトシンクルスと同じく雑食性なので、コケなどの植物系の餌だけではなく、
 プレコタブレットや、赤虫などの動物性の餌を与えてやる必要がある。

 我が家の水槽ではPH5.0に耐えている為、それなりの水質耐性があると思われる

---

にほんブログ村 観賞魚ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。