aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[肥料の考察] 微粉ハイポネックス

 
微粉ハイポネックスは、アクア界でもそれなりに有名な肥料です。


最近、この肥料を手にいれたので紹介してみたいと思います。





微粉ハイポネックス


【微粉ハイポネックス】 [6.5-6-19] + 微量元素

米ハイポネックス社の水耕栽培向け肥料。
昔からある園芸用肥料ですが、実は日本ではエーハイムなどと同じく輸入品なのです。


肥料配分は 6.5-6-19 (窒素・燐酸・カリ)


処方は "水500ml + 本品5g" による100倍液を作り、
60cm水槽において3~10滴を添加。



これは一般的な水草水槽において、都合のいい肥料配分であり。
肥料分が空っぽの状態から、この配分で足しておけば水草が育つというもの。

微量元素が入ってることも重要です。

そして、ハイポネックス製品は他にも、ハイポネックス原液などがありますが、
この微粉とは、成分も肥料配分も違うものなので、注意してください。

ハイポネックス原液は液肥ですが、普通の園芸植物に使うものであり、
それに対して微粉ハイポネックスは、土壌を使わない水耕栽培用の肥料なのです。

土壌からは微量元素が供給されるのですが、水耕栽培にはそれがありません。
なので、この微粉ハイポネックスには微量元素が含まれています。


つまり、土もなにもない

水だけの状態で植物を育てるための肥料 というわけです。


園芸肥料としては比較的高価ですが、最も安い120g入りだと500円前後なので、
初めて使う人は、お試しも兼ねてそれを購入することをオススメします。

一番少ない120gタイプでも、上記処方だと24本分の100倍液が作れます。

お試しには十分な量だと思われます。






にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[肥料の考察] 多量必須元素について

 
何故、窒素が不足すると黄化するか等を、知らない方もいると思います。
 
 
今回は、植物必須16元素のうち、9種の多量必須元素についてまとめました。
 
 


 
■窒素(N)
NO3よりアミノ酸を作りタンパク質を生成。
葉緑素を筆頭に、アデニン・ビタミン・核酸の構成成分でもある。 
植物乾物中に1~5%含まれ、うち葉緑体に80%、タンパク質に16%分配されている。


過剰にあると軟弱可し、耐病性も減ってしまう。
しかし、不足しても成長が大幅に阻害される。

【欠乏症】 葉が黄化し下葉が枯れ、成長点の葉が小さくなる(矮小化)。 根の成長の鈍化。
【過剰症】 葉が暗緑化し虫冷害の抵抗性が減少。 ヒョロヒョロに徒長する。
 

■リン(P)
ATPを生成し、エネルギー代謝や各種物質の合成に使用。
また、核酸・核タンパク質・リン脂質などを構成する。
成長の多い植物はPの要求量が多く、流転しやすい為、欠乏症状は古い部位にでる。


(ATP:エネルギー保存・利用・移動に関する物質、通称:生体のエネルギー通貨)

日本土壌やソイルの原料である、火山灰土(黒ぼく土)にはアロフェンが含まれており、
アロフェンはリン結合性が高いので、リンを吸着する性質がある。

【欠乏症】 全体が暗緑化・赤紫化し、新芽やランナーの成長度が減少。 根の粗大化。
【過剰症】 一般的な過剰症はないが、亜鉛・鉄・マグネシウムの欠乏を助長する。


■カリウム(K)
光合成におけるATP合成と、タンパク質、炭水化物の移動を促進。
それにより浸透圧を調整し、根・茎の強化、寒暖や病虫に対する抵抗を高める。
更に、ATPに関わることで、低日照下における成長低下を緩和できる。


成長に関与するため、トリミング後の回復に効果がある。
また、カリウムが欠乏すると硝酸をタンパク質に還元できず、硝酸が異常蓄積する。

【欠乏症】 下葉から上葉へと白化し、葉にシワ・ねじれが生じる。
【過剰症】 一般的な過剰症はないが、鉄・マグネシウム・カルシウムの欠乏を助長する。





■カルシウム(Ca)
糖の移動に関わり、それにより葉の炭水化物の移動を補助している。
細胞の形状維持をするが、流転が少ないので新しい組織では欠乏しやすい。
数多くの酵素の活性剤として働いている。


ATPなどの光合成産物の流転を助け、
代謝時に生成される有機酸の中和をしている。

【欠乏症】 成長点の白化、根が粗大化し根腐れになる。
【過剰症】 リン・カリ・マグネシウムの欠乏を助長する。


■マグネシウム(Mg)
葉緑素を構成している為、不足すると葉が黄色になり、光合成効率が減る。
燐酸の移動を補助するため、不足すると成長点が生育不良になる。
酵素反応の活性剤であり、脂質や炭水化物の代謝に関与している。


植物体内での移行性が高いため、欠乏症は古い組織に出やすい。
カリウム分が多いと、マグネシウム欠乏を起こしやすくなる。

【欠乏症】 葉脈を残し、下葉から上葉にかけて黄化を起こす。
【過剰症】 一般的な過剰障害はない。


■硫黄(S)
タンパク質の素となっており、原形質の構成と酵素の生成に直接関与している。
その為、欠乏すると窒素欠乏に似た症状を起こし、根の発達が悪くなる。
植物体内にリンと同量が含まれ、無機態で存在し酸化還元系に関わっている。


火山灰土(黒ぼく土)は硫黄も多く含まれており、古くなったソイルや、
ソイル中の鉄分が減少した場合に、硫化水素が発生する危険性がある。

【欠乏症】 窒素欠乏に似て、下葉が黄化し枯れていく。
【過剰症】 底床に老廃物が溜まった場合、硫化水素が発生し根に大きな障害を与える。




■水素(H):水から取り込まれる
■酸素(O):水から取り込まれる
■炭素(C):二酸化炭素から取り込まれる



多量元素についてはこんな感じです。
近いうちに微量元素についても書いていきたいと思います。

---


にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

[肥料の考察] 我が家の肥料

 
今回は、ウチでつかっている肥料について紹介します。


情報があれば、コメント欄でガシガシ追加しちゃって下さい。




イニシャルスティック

【テトライニシャルスティック】 [1-0-25]

ご存知テトラの万能肥料。
安い・多い・どこでも売ってる、と三拍子揃ってます。

固形のスティック状かつ、遅効性である為(昔はイニシャルDという名称で、顆粒でした。)
セットアップ時に底床の下へ撒いたり、追肥としてピンセットで底床に差し込んだりします。


肥料配分は 1-0-25 (窒素・燐酸・カリ)


しかし、その構成物の75%は、木片やリグニン・セルロースといった有機物
有機物は、硝化バクテリアによって徐々に窒素へと変化させられていきます。

その為、遅効性の窒素肥料として活躍するわけです。
これを知らずにカリ補給の為に使うと、大抵エライ目に会いますので注意。

また、鉄分をはじめとする各種微量元素も配合されています。





メネデール

【メネデール】 [鉄分&微量カリウム]

鉄分補給で有名な園芸用品。
実はラベルに、水槽使用も推奨する記載があったりします。

鉄の2価イオン(還元鉄・不活化され酸素を含んでない状態)が含まれており、
また、有機酸塩という形で無理矢理に安定(キレート)化させているようです。

ちなみに、植物は根から酸を出して、周囲の微量元素をキレート化して吸収します。
有機酸によって包まれたミネラルでしか、植物は吸収する事はできません。


メネデール1Lあたりの鉄分含有量は約50mgです。


また、成分中にカリウムも含まれ、主に添加後の植物の成長促進は、
このカリウムの効果も大きいのではないかと思われます。
(カリウムは根の成長を助ける作用もあります)

我が家での使用方法は。

1.水草の植栽前にメネデール希釈液に数十分、浸けおきする。
2.活力剤としてたまに水槽へ添加する。


という二通りなのですが、我が家では圧倒的に1.の場合に活躍しています。
赤系の水草をあまり使っていませんので。

なお、メネデールは水で希釈して保存出来ません、水中の酸素と結合します。
紫外線にも弱いので、暗所か紫外線を遮断する容器へ保存するようにしましょう。

また、植物向けのホルモンが入ってるという情報も。
ブラシノステロイド(根や茎の伸長を促すホルモン)でしょうか……




ブライティK

【ブライティK】 [0-0-10]

カリウムのみという潔い液肥。
実際には炭酸カリウムなので、塩素中和効果がある。

肥料分である窒素・燐酸・カリのうち、
窒素・燐酸は餌や排泄物から "多少は" 供給できるのですが、カリはできません。
(水草水槽は生体が少ない傾向にあるので、十分とは言えません)

絶対的にカリウム分が不足してくることになります。
なので、こういったカリウムのみの肥料を使うことでバランスを取っています。

肥料分は [0-0-10]

内容量は500ml中に50mgです、10%の炭酸カリウム溶液となります。


また、炭酸カリウムはネットで安く通販できるので、
それを精製水で割ることで、詰換え用のブライティKを自作しています。

ADAのボトルは、デザイン的にも機能的にも優れていますので。
1プッシュで1ccの恩恵です、まぁ、おなじポンプはハンズにも売ってますケドね。

所有感によるモチベーションの維持は、大切な要素なんです。




グリーンブライティ

【グリーンブライティ STEP2】 [各種微量元素]

微量元素と二価鉄が配合されている。
ADAの液肥としては、ブライティKに次いで人気があると思われます。

微量元素とのことなので、

鉄・マンガン・銅・亜鉛・モリブデン・ホウ素・塩素が主成分。


微量元素の効果は、キューバパールで思い知りました。
おそらくハイポネックス活力液+メネデールで代用できるでしょう。

肥料三要素を含んでいないので、正確には肥料ではありませんが……
栄養の切れたソイルで水草を維持する場合には、必須となるはずなので書いておきます。





とまぁ、我が家の常備肥料はこんなかんじです。
後はハイポネックス原液があったり、微粉ハイポネックス当たりも購入予定だったり。

参考になれば幸いです。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


[基礎記録]我が家のコケ対策

 
出さない 増やさない 持ち込まない


私のコケ対策は、大雑把にいってこんな感じです。

水草をやる上で、一度は悩まされるであろうコケ。
その対策を軽く紹介します。





■出さない 原因を根源からシャットアウト

コケだコケだと言ってますが、
人間が有害だと決め付けているだけで、所詮は植物です。

コケは繁殖力が強いので、水草の成長率を超えた場合、爆殖します。
それまでは、発生はしているのですが、水草の活力に抑えられているのです。

活力 (肥料・CO2の吸収率など) が水草より上回るとコケが繁殖。

主に、肥料分が水草の吸収量を超えているケースが多いです。
よって、コケに成長要因を与えないよう、肥料分の管理が必要になります。

水中に必要以上の肥料分を存在させない。

これが、肥料管理の鉄則になります。


【 肥料分管理 - カリウムの底床添加 】 ----------

 肥料は 「窒素・リン酸・カリウム」 の三種が存在します。

その中で、窒素は窒素化合物からバクテリアによって生成
リン酸は餌の中に含まれ、カリウムのみが不足する、というのが定説です。

なので、私は

カリウム分のみを底床に打ち込んでいます。

底床に添加することでフタがされ、
水草はダイレクトにカリウム分を摂取することができます。

コケは、窒素とリン酸はあってもカリウムがないので成長できません。

逆に、液肥を水中にばらまくのは、
コケに栄養を与えているようなもの…… なのかもしれません。

上記と似た状況ですが、底床添加でフタがされても、多少はカリウムが滲み出てきます。
しかし少量なので、モスやミクロソリウム等の活着系の水草があると吸収してくれます。

カリウム添加にはイニシャルスティックを、ピンセットで埋め込んでいるのですが、
即効性を重視する時は、自作のカリウム溶液を注射器で打ち込んでいます。

注射器はダイソーで手に入るので、何個かあると便利ですよ。 (*´ω`*)


【 肥料分管理 - 生体と水草のバランス 】 ----------

カリウム管理はこれで大丈夫です、
しかし、窒素とリン酸の生成率は水槽内の生体に左右されます。

生体が多ければ、餌と排泄物が多くなり、窒素・リン酸過多に、
水草が多ければ、すぐに肥料不足に陥ります、なので――

どの生体がどのくらい水を汚すのか、どの水草がどのくらい肥料食いなのか、

この二つを把握しておく必要があります。


【 肥料分管理 - 窒素化合物の罠 】 ----------

実はソイルにも窒素が存在します。
どこかで "ソイルは初期にアンモニアが検出される" という話を聞いたことがあると思います。

これは、ソイルの特性上、その成分に窒素化合物が含まれている為で、
特に黒いソイルには、詳しい理由は忘れましたが、窒素が多量に含まれているそうです。

商品の多くにはこれを "水草の肥料配合" と称しているものもあり、
実際、ソイルは土壌そのものなので、様々な有機物が含まれているのですが、


ソイルを使うと楽だから、という気持ちで使うと、セット初期にコケ地獄を見ます。



水草レイアウターが水槽を立ち上げると "コケとの戦いが始まる" とよく口にするのは、
恐らく、この有機物のせいではないだろうか、と思えてなりません (´・ω・`)


それに、この有機物は測定しづらい為、肥料管理も難しくなります。


なので、私は大磯やセラミックなどのオーソドックスな底床を使ってきたのですが、
最近知った所では、有機物の少ないソイルもあるそうです。


余談ですが。
こういった有機物が測定しづらいのは、アクアリストにとって大きな不確定要素です。

ADAのネイチャーアクアリウムが、ADA商品で構成されてないと認められない、というのは、
統一することで、不確定な部分を管理しやすくする、という目的もあるのかもしれません。

だとしたら、初心者にとっては物凄く革新的なことなのですが、
そのやり口や、全部揃えた価格を想像すると、素直に感動はできません (´ω ` ; )





■増やさない 捨てる勇気

コケを増やさないということは、コケの進行を食い止めることでもあります。

なので、上記の肥料管理も対策としては有効なのですが、
ここでは、水草に生えてしまった場合の、もっと直接的な方法を紹介します。


コケの生えた部分を捨てます。


茶ゴケなどの活着力の弱いコケなら、ある程度は人力で駆除できますが、
憎きヒゲコケなどは根っこが残っているかぎり――

いくらでも復活します

なので、それらしきコケを発見したら、その部位をカットしています。
早期に発見するほどダメージは少ないので、日ごろの観察が大切です。

また、コケの根が残っているか、検討がつかなくなってしまった草は捨ててしまいます。

なので、購入時に別の水槽へ、ストックとして同じ水草を保管・育成しておくと、
再び同じ草を使えると同時に、水質が合わなかった場合に対処できます。

また、流木・岩石については煮沸を、
器具に対しては、メラミンスポンジや漂白剤を使用しています。





■持ち込まない 水草とショップの選別

最後に、当たり前ですが、コケを持ち込まないことです。
その為には、購入した水草を剪定する際に、同時にコケのチェックもしておきましょう。


コケは、水中でないと確認しづらい事が多いので、


水草の乾燥防止も兼ねて、水を入れたタッパーに漬けて確認するといいでしょう。


そして、なにより、水草の手入れが行き届いているショップで購入することです。
最初からコケコケな水草を使い、再びコケを駆除するのは、


新しい趣味か、労力の無駄でしかありません
。゚(゚つω`゚)゚。


最近はチャームさんなど、ネット通販により高品質な水草の入手先が増えました。
そういった手段を上手く使うことも、私のコケ対策の一環です。




まあ、いろいろ書きましたが 「出さない」 の項目を実践するだけで、

殆どの水槽で、コケとのバトルは無縁の物になっています。

特にメイン(コリ)水槽では、生体と水草のバランスが取れているのか、
換水なしで、草は増えるわ、魚はコリコリするわのバランスドアクア状態です。


環境を維持する上で、調和は基礎なのだと思います (*´ω`*)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。