aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[生体図鑑]レッドビーシュリンプ

■レッドビーシュリンプ

レッドビーシュリンプ


学名 : Neocaridina sp. [Kubo,1938]
分類 : エビ目(十脚目) ヌマエビ科 カワリヌマエビ属
体長 : 3cm
水質 : 15-27℃ 弱酸性-弱アルカリ性 / [limit] 10-27℃ PH:5.0-8.0
分布 : 不明 (原種はアジア圏)
性格 : 協調性有・混泳不可
特徴 : 紅白のバンド模様 / 水質変化・薬品に弱い


 鮮やかな紅白のハチ縞(bee)模様を持つ、小型のエビ。

 水質変化や、薬品の影響に弱く、環境が変わるとすぐに衰弱してしまう。
 しかし、基本的には水質を安定させれば、飼育は難しくない。

 繁殖に関しては現在も論議されており、一般的にPH6.5前後が最適と言われているが、
 PH5.0や7.0下でも繁殖が確認されるなど、最適な方法は確立されていない。

 ただ、PH6.5 / 20~27度 / 過剰濾過 / 無農薬ほうれん草 / エアレーション

 などの様に、必要な条件は見つかりつつある。
 
 美しく、愛嬌のある仕草が魅力だが、その小ささ故に混泳には向かない。
 稚エビは1mm程度の大きさである時期もあるため、小型魚でも注意が必要である。

 なお本種は、鈴木久康氏がビーシュリンプを飼育中に、
 突然変異を起こし、赤くなったエビを固定化したものである。

 また、クリスタルレッドシュリンプ(CRS)の名称は同氏によって、著作登録されている為、
 一般的には、レッドビーシュリンプ(RBS)という呼び方をされる。 

---
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[生体図鑑] バンブルビー オトシン

■ バンブルビー オトシン

バンブルビーオトシン


学名 : Parotocinclus.sp [発見者不詳]
分類 : ロリカリア科 ヒポプトポマ亜科 パロトシンクルス属
体長 : 2-3cm
水質 : 20-26℃ 弱酸性-弱アルカリ性 / [limit] 20-30℃ PH:5.0-7.5
分布 : 南米 (ペルー)
性格 : 協調性有・混泳可・臆病
特徴 : はっきりとしたバンド模様 / 体中に青白い斑点


 丸花蜂(Bumble.bee)模様の美しい、ロリカリア科最小の魚。

 タイガーオトシンに似ているが、体形の差異もさることながら、
 この種は模様がはっきりし、全体に青白い斑点がでる事から、全くの別種である。
 
 また、そのフォルムとサイズから、ピグミープレコとも呼ばれるが、
 この場合、上記二種を混同、または統合して呼称していると思われる。

 飼育は難度が高く、挫折を味わった飼育者も多い種としても有名。
 
 しかし、水質を原因としている説が多くみられるが、
 その環境等を省みるに、水質悪化や変化というよりは、単なる餓死であるという説もある。

 実際、この種は非常に臆病で、混泳魚がいる場合には、固形飼料へ寄り付かない。

 また、標準的なオトシンクルスと同じく雑食性なので、コケなどの植物系の餌だけではなく、
 プレコタブレットや、赤虫などの動物性の餌を与えてやる必要がある。

 我が家の水槽ではPH5.0に耐えている為、それなりの水質耐性があると思われる

---

にほんブログ村 観賞魚ブログへ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[生体図鑑]ラスボラ エスペイ

■ ラスボラ エスペイ

エスペイ


学名 : Trigonostigma espei [Meinken,1967]
分類 : コイ科 ダニオ亜科 トリゴノスティグマ属
体長 : 3-4cm
水質 : 20-28℃ 弱酸性-弱アルカリ性 / [limit] 20-30℃ PH:6.0-7.5
分布 : タイ / マレーシア / インドネシア
性格 : 協調性有・混泳可
特徴 : 美しいオレンジの体色 / 非常に丈夫


 赤みを帯びた鮮やかなオレンジ色の体色と、細い藍色のバチ模様が特徴的な魚。

 弱酸性の水質ではその色の深みが増していく為に、水草の緑と相性がよく、
 また、コイ科特有の丈夫さを持つので、パイロットフィッシュとしても人気が高い。

 勿論、一般鑑賞魚としてもかなりの需要があり、ヘテロモルファより流通量が増えつつある。

 ちなみに、ヘテロモルファの亜種とされている時期もあった。

 両種の違いは、広いバチ模様と、赤銅色の体色を持つヘテロモルファに対し。
 エスペイはバチ模様が狭く、強いオレンジ色の体色と、細い体形を持つ事が挙げられる。
 
 なお、採集現地では、水草の茂った沼や池に生息している。 


---

 【アクアリウム初心者にこそ 飼って欲しい魚】

 あくまで、個人的な意見なんですが。
 このエスペイは、アクア初心者の方に物凄くお勧めしたい魚なんですよ。

続きを読む »

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[生体図鑑]コリドラス シミリス

■ コリドラス シミリス

profile-similis

学名 : Corydoras similis [Hieronimus,1991]

体型 : ショートノーズ
体長 : 4-5cm
水質 : 20-26℃ 弱酸性-中性 / [limit] 22-30℃ PH:4.0-8.0
分布 : ブラジル マデイラ川
性格 : 協調性有・混泳可
特徴 : 白地に黒の斑点 / 尾筒部の染みが角度によって紫色に見える


 尾びれの美しさが特徴的なコリドラス。
 その紫色から "バイオレット" という通称がついている。

 カウディマクラートゥスという種と模様が似ているが、
 本種は体高が低く、尾筒部が不鮮明でグラデーション状に広がる。

 また、新鮮な水を好むので、適度な換水を心がける。




[ウチのコリ]

名前 : シミリス
性格 : マイペース
体長 : 約4cm

 最近入ってきた、新入りさんです。
 コロっとした体系と、模様の美しさにもうメロメロですよ~ (*´ω`*)

 マイペースな性格が多いコリですが、その中でも群を抜いて自分流です。
 慣れるのも早く、すでにソダリスの隣でこっちを 凝視 してくれてます(´ω ` ; )

 そのお陰で、撮影ははかどりました(笑)
 新鮮な水を好むとのことですが……

 うちは基本的に無換水なんで、どうなるかちょっと心配です。

 ---


にほんブログ村 観賞魚ブログへ


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[生体図鑑]コリドラス ステルバイ

■コリドラス ステルバイ

profile-sterbai

学名 : Corydoras sterbai [knaak,1962]
体型 : ショートノーズ
体長 : 5-6cm
分布 : ブラジル グァポレ川
性格 : 協調性有・混泳可
特徴 : こげ茶色の地に白い斑点 / 胸びれがオレンジ色に染まる


 ひれの美しさ、ショートノーズならではの可愛さをもつ人気種。
 それゆえに、アルビノ固体や、ステルバイII という変種も存在する。

 ステルバイII は、背びれと目の間に盛り上がりがあり、
 アルビノ固体は、胸鰭にオレンジ色がのる。




[ウチのコリ]

名前 : ボスコリ / デカコリ
性格 : 恥かしがりや
体長 : 約5cm


 ワイルド種なので、ほかのコリにくらべて …… デカイ!
 でかい図体のわりに恥かしがり屋さんです、最初はよく隠れてました、ワイルドだから?

 最近は慣れてきたのか、よく見える位置や、たまり場にいます。
 でも、餌を食べる時はやっぱり遠慮がち。

 基本的に "ぼけ~っ" としてて、その周りに他のコリが親衛隊してる感じ。
 たまに他コリがステルバイを "もひもひ" してるけど、あれは何なんでしょう(´ω ` ; )

 大きいけど、大人しいイイコです(*´ω`*)

 ---

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。