aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[自作] インラインCO2直添パーツ -CO2.LINER-

 
インライン式は、濾過装置の水流ラインにCO2を添加し、溶解率を上げる方式です。


市販パーツもありますが、例によって安価に自作してみました。




完成01


完成写真はこんな感じです


インライン式の添加は、CO2マ◯ター等があるのですが……いかんせん高いです。
技術料だとしても結構な値段なので、自作する人が後を絶ちません。

しかし、自作の際には大きな問題があります。

パイプの中にはストーンを入れるのですが、市販の多くのストーンは経が大きすぎて入らず、
小さいストーンは高価なので、魅力が半減してしまうのです。


ですので、今回の自作ではその点を留意して制作してみました。


なお、CO2マ◯ターの名誉の為に言っておきますと、
あの商品は、CO2の泡をより細かくする仕組みと技術が使われています。

また、メンテナンスを省く工夫もされてるようなので、あの価格になるらしいです。




【用意するもの】

内部ユニット00b 接続用T字ジョイント 接続用ホース


■メインパーツ
・逆流防止弁 (凹凸のないもの)
・エアストーン (できるだけ目の細かいもの)
・エアチューブ (接続用、2cmもあれば十分)
・錆びないパイプ (エアストーンが入る内経のもの)

■サブパーツ
・T字ジョイント (外径16mm / 内径12mmが標準的)
・ホース (T字ジョイントとパイプの接続用)

■加工道具
・ハサミ
・接着剤 (密閉容器の場合は不要)
・パイプカッターか金ノコ (パイプ加工用)
・自作魂


エアストーンが入るパイプを用意してその中に入れる、というものです。

ホースがたわみ、ストーンに接触するのを考慮してパイプを使っていますが、
ストーンが接触していても、添加効率にはさほど問題はありません。

なので、パイプ加工が面倒な方や、加工道具がない場合は、
パイプを省略し、ただホースを延長するだけでもいいかもしれません。


あ、魂は気合の種を誰かからもらって育ててね。 (´ω`)


なお、制作には工具を使っており、それなりに危険な作業を伴います。
器具や作業などにおいての怪我や事故に関して、当ブログは責任を持ちません。


でわ (・`ω´・)ヾ作りましょー





【STEP.1】

内部ユニット00

まず、逆流防止弁とエアストーンを接続するために、エアチューブを切ります。

二つのパーツの間は、短ければ短いほどいいので、
出来るだけその接続間に隙間ができないように、チューブを切ってください。


【STEP.2】

内部ユニット02

次に、逆流防止弁とエアストーンを接続します。

この時、逆流防止弁の向きを間違えないようにしてください。
向きが間違っていると、ここから水が溢れ出してきて大惨事になります。


【STEP.3】

内部ユニット01

そして、エアストーンにパイプをすっぽり被せます。

コケと、たわみ防止の為にパイプを装着していますが、
上記でも書いたとおり、パイプを省略してホースのままでも構いません。


【STEP.4】

内部ユニット03

最後に、パイプと内部ユニットを接続します。
逆流防止弁から水が漏れることが多いらしいので、しっかりねじ込んでください。

あとは、出来上がったユニットをT字ジョイントに接続するだけです。
水漏れが心配な方は、ホースバンドやタイラップで縛ってしまいましょう。


以上で完成です!


名付けて "CO2.LINER" まんまですね。





完成02


割と簡単に作れたと思います。

手間がかかるのは、パイプの切断と逆止弁へのホースのねじ込みくらいでしょうか。
あとは、このインラインパーツを外部フィルターの給水ホースに接続するだけです。

排水側に接続する製品も多いですが、このパーツはCO2の泡が大きくなるため、
外部フィルターをミキサーとして使用し、完全に溶解させます。


フィルターにCO2が入ると、バクテリアが窒息死するのでは?


という話を聞きますが、正直そんなことはありません。



この、自作CO2カウンターで「1秒2滴」 の添加を施し、照明は8時間のみ点灯、
給水側に接続して24時間添加を続けても、バクテリアに被害はありませんでした。


3つの水槽で同じ結果がでていますので、問題なしと考えていいでしょう。




簡易版


なお、現在はステンパイプを省略したものと、
上の写真のように、エアストーンも省略した簡易版を制作して実験しております。


添加効率に問題がなければ、コストと手間が省けるので紹介したいですね。


ちなみに、このインラインCO2パーツ。
今回の制作費は、端材のみで作ったので単価を求めると……約700円!!

多くのミキサーや市販パーツは2000円~4000円しますね、確かに高機能です。
それに比べ、泡は大きくなってしまいますが、フィルターをミキサーにしているので大丈夫。


インライン化したいけど予算が……
 

というお方は是非どうぞ!!


 



にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[自作] 高精度カウンター -CO2.DETALIA-

 
カウンターは、CO2添加量の指標となるので、重要な器具の一つです。


しかし市販のものは効率が悪く、精度も良くないものが多いので、自作してみました。

 


完成


こんな感じになります。

狙うは、ス◯ーのカウンター。
でも、それより高精度&低価格が今回のテーマ。

ほとんどが家にあった余り物で作ったにしては、なかなかの出来栄えだと思います。
では、いつも通り作り方を紹介していきしょう。




【用意するもの】
 
プラジョイント ボトル スポイト


■メインパーツ
・エアジョイント x2
・30cc程度の薬瓶やボトル
・ダイソーの化粧品詰換え用スポイト(代用可)
・3cm程度のエアチューブ

■加工道具
・ドリル
・ハサミ
・接着剤(密閉容器の場合は不要)
・自作魂


スポイトは "先端が針状" で "エアジョイントと接続可" であれば代用OK。

また、接着剤は容器を密閉するために使います。
なので、薬品瓶などの密閉性のある容器であれば、必要はありません。

魂は、えー…… 鍛えてください (´ω`)


なお、制作には工具を使っており、それなりに危険な作業を伴います。
器具や作業などにおいての怪我や事故に関して、当ブログは責任を持ちません。



でわ (*´ω`*) 作りましょー





【STEP.1】

フタ穴あけ後

まずは、ボトル本体からフタを取り外し、二つ穴を開けます。
ここにエアジョイントが入るので、若干それより小さめに開けてください。

無理やりジョイントをねじ込むことで、密閉性を保てます。

なお、内側にあるゲルやスポンジのシートは密閉性を保つものなので、
できるだけ捨てたり、取り外したりしないようにしましょう。


【STEP.2】

接続前

次は、スポイトの先端を取り外し、エアジョイントに合体させます。
まず、二本をギリギリ接続できる長さにチューブを切ってください。

この時、二つを接続はせず、今は置いといてください。


【STEP.3】

フタ接続前

先程穴を開けたフタに、ジョイントを突っ込んでください。
その後、スポイトの針にチューブを接続します。


【STEP.4】

フタ完成

最後に、ジョイントの片方の内側から、チューブ付き針を接続します。
これで、メイン部分が完成になります!!

あとは、ボトルへ適度な水を入れて、メイン部分を取り付けてください。
水は、フタ内側のジョイントより低く入れないと、溢れてしまうので注意です。

また、密閉性が心配な容器は、フタを接着剤で密着させてください。


以上で完成です!


お約束の命名は "CO2.DETALIA" 後述のCO2.LINERとセットですね。




完成02


どうでしょうか、意外と完成度は高いと思います。

また、CO2をカウントする針が非常に細いので、精度の高い調整が可能になっています。

市販のCO2カウンターが500~800円するのに対し、
このカウンターは300円弱で制作でき、容器やジョイントが在庫にある人は、より安く出来ます。

っていうか、スポイト代ぐらいだと思います。
こういうの作る人って、予備のパーツいっぱい持ってると思うので(´ω`)


だので、制作費100円

この激安高精度カウンター、CO2のお供に是非どうぞ。






にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[自作] 部品を組むだけの自作プロレイザー -AQA.Shaver-

壁面のコケってのは、安定した環境でも生えてくる厄介なやつらです。

そんな、壁面コケに対する最強兵器だと、よく耳にするのが
ADAの「プロレイザー」なのですケド―― なにぶん高いです、さすがADA。

自作プロレイザーは、他にも記事がありますが、
溶接や、ステンレス板の加工は、正直 "素人には無理" な部分が多いです (´ω ` ; )

なので 部品を組むだけ でほぼ完成するものを、私なりに作ってみることに。



完成・全体2


一部を除いて、殆どがネジ止めで構成されています。

また、他の工程も、それなりに簡単にできるように作ってみました。




【用意するもの】

T字ステー パイプ固定具 カミソリ


■メインパーツ-
・T字ステー x2 (穴の位置がカミソリとパイプ固定具に合えば代用可)
・パイプ固定具 (配管などを固定するもの、園芸ホースor電気資材コーナーに有り)
・カミソリ (フェザーカミソリの両刃タイプ、両端の穴が大切)

■サブパーツ-
・ステンレスパイプ (持ち手になる、太さは固定具に合わせる)
・3mmx6mmのステンネジ x6
・ステンレスナット & スペーサー x6

■加工道具-
・パイプカッター (ステンパイプ切断用)
・ビニールテープ (パイプの隙間埋め用)
・ハサミorカッター
・ドライバー
・自作魂

殆どが、ちょっと大きめのホームセンターなら置いてあるものです。
T字ステーが今回のカギなので……というのも。

T字ステー・カミソリ・パイプ固定具の穴の位置が全く一緒なんです。

まぁ、汎用品なので大体の店にはあるはずです、頑張ってください!!
あ、魂はもう……気合で。


なお、この器具は刃物を使っており、それなりに危険な作業を伴います。
器具や作業などにおいての怪我や事故に関して、当ブログは責任を持ちません。



でわ (*´ω`*) 作りましょー




【Step.1】

まず、T字ステーの一枚をプロレイザー的な角度に曲げます。

ヘッド部

分度器がないので、正確な角度は分かりませんでしたが、
ネットで見つけた資料画像から、できるだけ同じ角度にしてみました。

サイドからの完成画像を最後の方に載せるので、それを参考にして下さい。


【Step.2】

次に、もう一枚のT字ステーを、ネジとナット、スペーサーで固定。

ヘッド合体

このとき、出来るだけ直線になるように調整しておいて下さい。
パイプや刃の固定時もそうなのですが、使い心地に差が出てきます。


【Step.3】

ステンパイプを任意の長さにカットし、ビニールテープを巻く。

アーム

このパイプがアーム(持ち手)になるので、使い勝手のいい長さにカットして下さい。
私はハイタイプの60水槽にも対応できるよう、45cmに切ってあります、いい感じです。

ビニールテープは後述のパイプ固定具に合わせて、厚みを変えるといいでしょう。
大体の場合は、二周させる程度でいいはずです。

また、こういう時はパイプカッターがあるとものすごく楽です。

ステンパイプが使えると、水槽内の配管だけでなく、
今回のように支柱や、取っ手に使うなど良質な部材として使えるので幅が広がります。

また、パイプカッター自体も小型で安いものは800円程度であり、
金ノコで切るより安全なので非っ常におすすめです。


【Step.4】

ヘッドに持ち手を取り付ける。

アーム取り付け

先程つくった持ち手を、パイプ固定具を使ってヘッドに固定します。
この時にパイプの固定がゆるい場合は、ビニールテープを更さらに巻いて下さい。

それらしい形になってきました。


【Step.5】

カミソリを脱脂後、片刃に加工してヘッドに取り付ける。

完成・正面

ここが、というかこのカミソリがメインであり、最も重要な部分です。

カミソリの刃と保護紙の間に油が使われています、まずはそれを拭きとって下さい。
そして、両刃のままでは危ない上に、曲げたヘッドに干渉してしまいます。


なので、片刃を取り除きましょう。


このフェザーカミソリの刃は、名前の通り薄いのでハサミで切ることが出来ます。
しかし、その際は念のために定規を当て、カッター等でケガキ線を入れておきましょう。

写真を参考に、くぼみの端の部分から切断すると、T字ステーにぴったり合います。

後は、刃に触れないよう気をつけながら、ヘッドに取り付けるだけです。

完成・裏側

この際、裏側にスペーサーをつけるのを忘れないで下さい。
カミソリ側の穴が大きく複雑な形なので、ナットがすり抜けるのを防止するためです。


後は、パイプと刃の位置を直線になるように調整して、完成です!! 


完成・全体2

完成・横


どうでしたか?
特殊な工程は殆どないので、材料さえ揃えば作れるはずです。

メカっぽくて私はこういうの好きなんですけど、
あまりに仕組みもデザインもお粗末で、プロレイザーです!というのも腰が引けるので。

カミソリの刃を使ってる事もあり、家では「アクアシェーバー」と呼んでます。


実際の使用感としては、本物のプロレイザーを使った事がないのでアレなんですケド――


未体験の気持ちよさです。


三角定規は、そのエッジでコケを削り落とすわけですが。
なにぶん、力を入れて絶妙の角度でないと、落ちてくれないんですよね。

その分、このアクアシェーバーはフェザーカミソリの恩恵が働きまくります。

薄くて柔らかくい刃が、まさに羽のようにしなるんです。
フィルムでガラス面を撫でる感じとでもいいましょうか、とにかく気持ちいい!!


しかも、刃が曲がる事で、的確な角度に自動修正してくれるので……


押し当てて、なでるだけで、コケが無くなっていく爽快感。


あの、スポット状のコケですら一撫です、すごいぞフェザー。
さらに、無理な力がかからないので、ガラスを痛めることはありません。

たぶん、ガラスが傷つく前に刃が曲がります、それくらい薄いんです。

また、刃も含めオールステンレスなので、錆びません!

あとは、持ち手を長くすることで、手を水で濡らさずに済むようになりました。
元々この為に作ったのですが、手が濡れないだけで気持ちが楽になりますね。


今では、爽快感も手伝って――


コケが生えるのを楽しみにしてるぐらい  (*´ノω`)ヌフフ


そんなこんなで、この「アクアシェーバー」
有用な上に簡単に作れるので、是非、試しに作って見てくださいっ!

ホント、異次元の気持ちよさですよ(*´ω`*)

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

[自作] エーハイム3灯式ライト30 【リフトアップ】

 
 
今回は「エーハイム3灯式ライト30」のリフトアップ改造を行います。


メンテナンス性も上がるので、ちょっとおすすめ。





■用意するもの■

・エーハイム3灯式ライト30
・木の板(水槽の幅や高さに合わせたものが安定しやすい、今回は300x180x10mmを使用)

・ステンレスパイプ(ステン巻パイプでも可)
・パイプ受け
・水道管固定金具

・隙間埋め用のスポンジ
・固定用ネジ(木ネジと、皿ビス&ナット)
・パイプカッター

・両面テープ(木の板固定用)
・自作魂

ほとんどは、ちょっと大きいホームセンターなら手にはいるはずです。
俺には魂がない!って人は、誰かの自作魂に触れましょう( ´ ω`)



【Step.1】

まず、ライトにパイプ受けを固定する為の穴をあけます。
このライトは、端にボックス類があるので、必然的に中よりに固定することになります。

今回は30cm定規を用意して、10cmと20cmの位置に中心をつけました。

後は、あけた穴にパイプ受けをあてがって、皿ビス&ナットで固定します。
本体の材質が柔らかいプラで、強度に心配がありましたが今のところ問題ないです。


ライト01


【Step.2】

次に、木の板に水道管固定金具(以下U金具)を取り付ける為の穴をあけます。
このとき、Step.1で取り付けたパイプ受けの位置から、ズレないようにしてください。

まぁでも、多少のズレは、後の緩衝ギミックでなんとかします。

あ、あと、同じ縦軸の金具の取り付け位置は、できるだけ上下を離した方がいいです。
その方が、パイプが安定しますので。


【Step.3】

次はパイプの加工です。
パイプを2本用意して、パイプカッターで任意の長さに切っていきます。

今回は35cmで切りました、これでソーラーミニっぽい、使い勝手のいい高さになります。

---

後は取り付けですが、その際にU金具とパイプに大きなすき間がある場合、
スポンジ等を用意して隙間を埋めて下さい。

本体側金具と、パイプの位置にズレがある場合、これでギャップを調整出来ます。


ライト02


【Step.4】

出来上がった支柱付き木の板を、水槽に固定(私の場合両面テープを使いました)
後はパイプに、本体へ取り付けたパイプ受けを挿し込めば、完成です。

このとき、パイプ受けが大きすぎる場合は、セロハンテープを数回巻くといいですよ。


ライト03




ライト全体


なかなか、いい感じに仕上がりました。


あとは、この真っ白な本体をADA色に塗り上げたいなぁ、と思う今日この頃。

 

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[アイディア] 鉢を使った 【水草管理】

以前、素焼き鉢を使った水草育成方法が、意外と好評だった為、

今回は、それをちょっと掘り下げて、紹介したいとおもいます。





[ 主な利点 ]

・施肥が水草の種類ごとに行える
・肥料分が水中に溶け出しにくい
・鉢ごと移動させることができる
・底面ろ過との相性がいい
・気が向いたらそのまま水上化




■用意するもの■

植木鉢 アミ


・植木鉢 (底穴のあるもの)
・鉢底ネット

・固形底床肥料 (イニシャルスティックなど)
・底床材 (ソイルなど)

・自作魂


植木鉢は小さめかつ、根がぎゅうぎゅうにならないものを。
鉢底ネットは、鉢の底にあわせてカットしてください。

底床は、肥料分が少ないほうが個人的にお勧めですよ~ (*´ω`*)
うちでは、リン系有機成分が少ないソイルを使ってます。

なお、鉢は底穴のあるものを選ばないと根ぐされを起こすので注意。



入れた

肥料

【STEP.1】

まずは植木鉢にカットした鉢植えネットを入れます。

次に、ソイルを3分の1ほど入れ、その上に固形底床肥料をおきます。





盛った

【STEP.2】

埋めます。


埋めてください。

先ほど入れた肥料をサンドするような形で、ソイルで密封します。
これで、鉢を移動させても肥料分が水中に溶けにくくなるのです。





完成

【STEP.3】

後は、お好きな水草をピンセットで植えるだけです。

植える際は先の細いピンセットを使うと楽ですよ、
また、水槽に沈める前に霧吹きなどで湿らせておくと、鉢のソイルが舞い上がりません。

*ゆっくり沈めないと、ソイルと肥料分が舞い散ります*




これで、一応完成です。

まぁ、完成っていうか、ここまで大げさにやるものでもないんですけどね ^ ^ ;
小ネタですが、何かの役に立てばうれしいです~。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。