aquante-title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[お知らせ] アクアンテ再始動

 
すみません。


とても長い間、更新が止まってしまいました (´ω ` ; )




実は去年の夏から、あるアクアショップで働くことになったのですが。
色々な仕事も舞い込んでくるようになり、プライベートを調整するのに時間がかかりました。

現在も本調子というわけではないのですが、放置しっぱなしもよくないので、
書きたいものがまとまり次第、記事を書いていこうと思います。


アクア熱が冷めたわけではないのでご安心を!!


むしろ、前よりパワーアップしております。



2011-新メイン


こちら、リビングに新設した水草レイアウトタンク。


半年前に考案していた水草育成システムが成功し―― モリモリ状態に。

サクサク水草が育ちます。
店舗での大量の水槽による実験も行ったので、さらにパワーアップ。

半年間はシステムの再構築&洗練期でもありました、問題も多かったですし。
早くまとめて公開したいです。




2011-新コリ水槽


更にこちらは、パワーアップしたコリドラス水槽。


かつて45cmだったコリタンクを60cmに拡張し、リビングに設置。
客人をもてなす接客魚になってもらいました。

巨大な流木は、色々な流木を組み合わせて使っています。
また、水草用のシステムは使っていませんが、その応用を使ってコリ用システムを組んであります。





と、進歩としてはこんなところです。
小型水槽や水草ファームも進化してるので、追々紹介していきますね。

あと、アクアショップ勤務で手に入れた知識や技術も扱えたらな、と。
ただ私の主義として、これは書いておきます。





【当ブログのポリシー】

現在もショップ店員として働いてはいますが、ここで発言し記事にする内容は私個人の意見です。

勤務で手に入れた知識や技術も、それを垂れ流しにするのではなく、
私の中に取り込んで理解し、自分のものにした情報を発信するようにしています。

「ショップの方針がこうだから私も」ということは、まず致しません。

っていうか、ショップの中でも異端児ですからね……|ω゚)

例え、どこかのショップの製品を推しても、
それは 一人のアクアリストの意見 として受け取ってもらえると嬉しいです。


それと……


アクアリウムって、とっつきにくすぎなんですよ。



こんな素晴らしくて、綺麗で、癒されるものはないのに。

わかりにくくて 難しくて 高い

なーんも定型化されてなくて(されてても庶民には手が届かなくて)
私みたいにそれが楽しい人ならいいんですけど、普通はそうじゃない。

でも、いろんな人に楽しんでもらいたいんですよね。

友達や両親や、色々な人に「アクアリウムって楽しいよ!
って、言えるようにしたいんです。

でも、まず、普通の人の反応って「え、なにそれ面倒くさそう」なんですよね。


だから、アクアンテはできました。


わかりやすく」 「安く」 「定型化


そうすれば、あとは魅力がダイレクトに伝わります。
その為に、システムを作ったり、他サイトであやふやになっている定義をわかりやすくしたり。


そういった活動をしてきたわけです。

その為にショップ店員になったといっても過言じゃないです。


店員の目線と、いちアクアリストの目線から、どう変えていけるか。
そのおかげで、色々なものが見えるようになってきました。

それを、アクアンテを通して、できるだけ多くの人に発信したいんです。
まだまだ、言いたいことは山ほどありますが、それは今後の記事に染み込ませます。

読ませるのって、あまり好きじゃないんです、こんだけダラダラ書いておいて(笑)
まぁ、まとめるとすれば、今回は。



私、コリスト・レイは、このアクアンテの名義においては。

ものっすごいアクアリウムが好きなだけの、ただのアクアリストってことです。

 
  

まぁ、大層な事を書きましたが、ペース配分は心得えております。
なので、今後もマイペースに更新していきます。 よろしくですよ!

スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

[経過報告] mini水槽 12・20・29・37・54日目

 
水槽ひとつだけの経過を示しても、実感は掴めないと思います。


なので、メインと同時にリセットしたmini水槽の経過報告も記録しておきます。




mini07-05

[07/05] これが初期状態です。

システムは、底面濾過にソイルをしき、外掛けフィルターに直結してあります。
外部フィルターがないため、外掛けをポンプにつかったのですが……流量があがりました。

エデニックより強力でした、外掛けフィルター恐るべし!!


mini上07-05

[同日] 上から見た図、田植え状態。

外掛けは濾材を抜き、内部にCO2ストーンとヒーターを設置しました。
100%溶解というわけにはいきませんが、高効率です。

外掛けはCO2が逃げるといわれていますが、小型水槽では実はそうでもありません。

CO2の泡を巻き込んだ水がそのまま水槽内に入り撹拌して、溶け込みます。





mini07-17

[12日経過] ちょっと伸びました

この水槽は、リセット前の "コケをまぬがれた水草の新芽" だけで構成されています。
アンブリアだけはCO2で間延びしたので、中景のディディプリスを奥まで広げました。

しかし、せっかくの新芽も茶ゴケが出始め、流木に残っていた髭苔も復活し始めています。




mini07-15

[20日経過] 勢いづき初めました

根を張り始めたのでしょう、急成長を見せています。
流木のコケも勢いづいていますが、水草には全くコケが生えていません。

左後景にコブラグラスとロタラヴェルデキラリス、右後景にマヤカを植えました。




mini-08-03

[29日経過] マヤカが暴走してます

全体的に茶ゴケがうっすらしています、ソイルまでもまっちゃっちゃ。
でもこれは、プラチナソイルの通過儀礼なので、生体兵器を入れてそのまま放置。

更に、微粉ハイポネックス100倍液毎日3cc添加

育成法が間違ってなければ、茶コケも髭コケも消えるはずです。




mini08-11

[37日経過] 一回目のトリミング後です

マヤカとニューパールをトリミング、30日経過時点で茶ゴケが消え、
髭コケが減少しはじめたので、微粉ハイポネックス50倍液毎日5cc添加しています。

レイアウトの凹部分のリスノシッポを、ブリクサショートに変更しました。




mini08-11

[54日経過] 2回目のトリミング前

茶・髭コケ共に水槽から消え去りました、以後もコケが発生した形跡はありません。
ディディプリス、ロタラヴェルデキラリスが成長したので、ピンチカットで株を増やします。

液肥は今までと同量を、継続して添加していきます。





とまあ、こんな感じで約2ヶ月が経過しました。

今回の面白いところは、前回のmini水槽はコケまみれになって失敗したのですが。

その水槽から、水草の破片ともいえるような先端部分だけを集め、
細かく植え、レイアウトできるレベルまで復活させることができた部分ですね。

しかも、その道中で流木を覆った髭コケを駆除しています。

イチかバチかの選択でしたが成功し、肥料管理法とシステムの裏付けになりました。
mini水槽が順調であることは、この記事で紹介できたと思います。


では、次回はメイン水槽とmini水槽の経過記録を踏まえ、

今、我が家の水槽で実践している、水槽のシステム……仕組みと方法を解説していきます。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

[other]水槽割れたあぁああ!!!

水槽が。


われました。





割れた


( ゚ ▽゚) ァハハ八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


割れたのは、コリ水槽。
ADAのキューブガーデン・ミニL [45x27x30]

我が家に初めてやってきた、初代ADA水槽です。

コリ水槽の底床を変えつつ、リセットする予定だったんです。
砂(ボトムサンド)が残るのが嫌なので、風呂場まで慎重に運んで丸洗いしていました。

ひととおり、洗い終わって 「さぁ、新しいコリ水槽作るぞ!!」
と、意気込んで水槽を "ほんの少し" 持ち上げたそのとき。


ツルッ。


人は危機に陥ると、時間の感覚が遅くなります。
私も、ゆっくりと流れた時間の中……

この高さ、勢い、ガラスの柔らかさと薄さ――  割れる!!

と、脳内で高度なシミュレートを行いつつも身体は固まったままで。
次の瞬間には、水槽の底面が浴槽の床に衝突し。

小気味いい音と共に、水槽の側面に大きな亀裂が!!

しばらく呆然と、割れた水槽を眺めた後、
布団に倒れこみました。


で、しばらくモゾモゾしたあと。


「モゾモゾしても水槽はくっつかない!! とりあえずコリ水槽つくろう!!」


割れた水槽の変わりに、お蔵入りにしていた60cmハイタイプ水槽を引っ張り出してくる。
実は、メインの水槽台が四本足で床に負担がかかっていたのだ。

しかし、7月に台を「べったり型」に変更したので、耐えられるだろうと予想。

更に、水槽がメインにもどったことで、モチベーションもちょっとUP。
どうせなら、本格的にメインとして復活させようと、


レイアウト水槽を組むことにしました。


コリ水槽ではなくなってしまいますが、コリも入れます。
それでも、コリのほりほり攻撃に水草が耐えられる策を考えておりますので、試してみようと思います。


ここのところ、水槽のリセットラッシュが続いてますが

めげずにがんばります!!><



にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

[イベント]第28回日本観賞魚フェア


前回は、予定違いで行けなかった「日本観賞魚フェア」


今年こそは!と、意気込んで行ってきました!!




全体


会場は公共ホールの一室でした。


入り口から、レイアウトコンテスト作品50%
右手に生体/金魚/エビのコンテストが50%

そして、それを取り巻くように企業のブースが外周にありました。


全体2


こちらは、小型水槽のブース。

生体コンテストの写真はあまり撮っていませんので、
水槽コンテストにて 「これは!」 と思った作品をオススメ順にレポートしていきます。
(敬称は略させて頂きます)

なお、出来るだけ臨場感を味わっていただけるよう、
写真をクリックすると、大きな写真が表示できるようにしてあります。





■プランアンドネットワーク
[左:500x333 右:1024x683]

プランアンドネットワーク プランアンドネットワーク2

どちらも、まとまっていて綺麗でした。
左の作品は、入賞していますね。

かなり、レイアウトの参考になりそうですが……
最近、この手のただ綺麗な水槽というのは、皆が見飽きたのか

会場内でも、作品全体がテラに移行しつつありました。


■アテラリサーチ
[正面:1024x683 横:683x1024]

アテラリサーチ オーバル(前 アテラリサーチ オーバル(横

オーバルでの出展、こういうのも大好きです。

ただ、この作品のスゴイ所は……水槽台が自作というところ!!

その仕上げも丁寧なのは勿論、
台や照明のデザイン(この照明は以前、ホームセンターで見かけました)も良く、
暖色系の水槽にマッチしている上に、エアポンプの固定場所まですっきりと工夫されている!!

心地よい一体感を感じさせる、素晴らしい作品でした。


■アクアフォレスト
[正面:1024x682]

アクアフォレスト

僕らのアクアフォレスト!!

流石です、入賞は正直もう当たり前ですね。

ソイルを盛り盛りするのは、アマノさんの最近のマイブームだそうです。
確かに、有茎草の成長を待つよりは、簡単にボリュームが出そうですね。

底床の腐敗などの、維持に関してはどうなってるのでしょうか。
まぁ、半年~数年でソイル交換が基本のADA式では愚問かも。

安定したレイアウトと美しさは、NAの洗練された形ならではですね。


■東京コミュニケーションアート専門学校
[正面:1024x683 下:800x533]

東京コミュアート(正面

東京コミュアート(上 東京コミュアート(上2

入り口で、トリを飾っていたこの作品。

ぱっと見はただのテラですが、そのジオラマとしての精密さに惚れ惚れしました。

計画的に、でも自然に組まれた流木と石、山中を再現するコケとアジアンタム。
この辺までは、クオリティは高くも、良く見かけるただのテラです。

しかし、このテラには滝つぼがあります。

さらにさらに・・・


ヌシが住んでいます。


コレまで滝はあっても滝つぼや、そこに "ヌシが住んでいる" なんていう、
ユニークなテラは見たことがありませんでした。

しかも、滝つぼのおくには空間を取っており、ヌシも安心して隠れられる親切設計。

山奥の清流を切り取ったようなレイアウトに、このアイディア、優勝も頷けます。


■東京サンマリン
[正面:1200x800 左:500x333 上部:500x333]

東京サンマリン・コリ水槽(正面

東京サンマリン・コリ水槽(左 東京サンマリン・コリ水槽(上

個人的にトキメキが止まらなかったのは、この作品です!!

・水上 / 水中共に緻密で自然に流れるようなレイアウト
・テラでありながらワリと豊富な水量
・テラ部の個人的に好きな観葉植物のチョイス
・コリドラスが主役の水中部

しかも、コリ砂!?


さらに、湧き水!? 景観に凄くマッチしてる……!!


これほどコリの魅力とテラ、アクアの魅力を引き出した作品は未だかつてないです。

まさに  全 部 入 り  贅沢にも程があります。

欲しい、すごいこの水槽欲しい。
それは、なんとかラーニングできないものかと、数十分この水槽の前をウロウロしたほど。

コリ好きにはたまりません!! 私的にはこの作品と、次の作品が優勝です!!


■『てっちゃん先生』のASK研究所
[正面二枚:1280x853 全体:1024x683 隣部屋:683x1024]

ASK研究所(正面


さぁ、今大会の怪物が登場です。


ASK研究所(室内


情緒ある日本庭園に金魚が飛んでるように見えますか?
そうでなくとも、壁一面が巨大な水槽になっているように見えますよね。

スケール感がおかしくなりそうな、この作品。


実は――


ASK研究所(真横


こんな感じになってます。


ASK研究所(隣 ASK研究所(隣・水中

家屋のセットに、30cmと60cmの水槽をL字型に組み合わせたもの。

レイアウト自体の素晴らしさはもとより……


小さいはずのセットを覗き込んだ時の開放感が、

なんとも不思議な感覚を持たせてくれます。


また、細い枝に巻き付けられた水草(これはルドウィジアでしょうか)が桜を彷彿とさせ、
そうやってできた庭園を飛ぶように泳ぐ金魚がまた、和風なセットと一体感を見せます。

この水槽は、熱帯魚ではなく、金魚でベストマッチですね。

心の底から和と、風情を感じる素晴らしい作品。 文句なしの総合優勝です。





今回の "第28回日本観賞魚フェア" レポートはこんな感じです。
どれも素晴らしい作品ばかりでしたが、今回紹介した水槽―― 

特に最後の三作は、未だに写真をみても高揚する、素晴らしい作品でした。
ぜひ、来年も参加したいものですね。


さて、ここからは、ちょっとしたおまけです。


Doaqua


多くの水槽で見られた Do!aqua 。


安上がりだからなのか、デザインが気に入られているのか。
非常に多くの作品で見受けられました、あとはエーハイムの緑パイプ。

レイアウトで見えなくなってしまうので、そこで勝負!!なんでしょうね。

私も レイアウトで勝負!! できるようになりたいです。

---


にほんブログ村 観賞魚ブログへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

twitter始めました


twitterのコミュ力や情報交換効率、それ自体の手軽さは魅力的!!


なので、アクアリウム専用でIDを作ってみました。


twitter001

実は、別の界隈でtwitterをだいぶ前から初めていたのですが、
あまり、アクアに関係のないことだったので、ここでは紹介してませんでした。

発言内容は主に、blogの更新情報・思いつき・アクアショップメモ・疑問と解決です。
基本的にはアクア関係の発言、フォローしかしていません。


あと、twitterを介してのコミュニケーション(交流)も積極的にしてますので、

アクア関係の方でしたら、フォローはご自由にどうぞ(*´ω`*)



あ、IDは上記画像を参照してくださいね。
blogは、ある程度まとまってから書いてますが、twitterでの発言は多めです。

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。